JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5399
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

はじめまして。 1点質問させて頂きます。 先日、前足の付け根に血豆のようなものを見つけ、不安になった為、

質問者の質問

はじめまして。

1点質問させて頂きます。

先日、前足の付け根に血豆のようなものを見つけ、不安になった為、かかりつけの獣医さん以外の獣医さんにかかりました。
先生からは「血豆みたいなものだろうから、様子見ましょう。大きくなるよう だったらまたきて下さい。」とのことで一安心したのですが、避妊手術を強くすすめられました。
これまで避妊手術をすすめられたことがなかったので不安です。

チワワとミニチュアダックスのミックス犬、4歳3ヶ月、出産経験なしです。
この年齢での手術は問題ないでしょうか。
手術するリスク以上のメリットが見込めるでしょうか。

宜しくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
はじめまして、質問ありがとうございます。

診察をしていませんし文章からだけの推測です。
的確なアドバイスができない場合があることを御承知ください。

メリットですが
子宮蓄膿症や子宮水腫などの子宮の病気で生命の危機が及ぶことが無くなる。
子宮蓄膿症は手遅れになると亡くなることもありますし怖い病気です。
突然なるのでその恐怖に怯えて過ごすことを考えれば行うべきです。
この病気になって愛犬を亡くしたり死線をさまよった飼い主さまは
次のわんちゃんの時にすぐにしますとおっしゃることがほとんどです。
費用も子宮蓄膿症になるとかかりますし入院も4-7日間は入院が必要です。
そのことを考えると費用も安く済みます。

デメリットは
①統計上では3歳まであるいは3回以上発情すると乳腺腫瘍になる確率は
変わらないとされています。つまり今後避妊をしても乳腺腫瘍になる可能性が
あります。

②太りやすくなる。ホルモンバランスの変化や消費するエネルギーが減少
するので太りやすくなります。統計上では3割ほどカロリーが必要なくなる
とのことです。

③麻酔のリスク
 まだ4歳なので大きな問題がなければ麻酔は可能です。但し麻酔事故というのは
 稀にしかないものですが麻酔事故で亡くなる可能性は稀だとしても
 可能性はあります。確立からするとかなり低いですが・・・
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問