JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

ゴールデンのオス10歳です。てんかんの持病があり、フェノバ^-ル5mgを一日2回飲ませていました。発作は月に1回2分

質問者の質問

ゴールデンのオス10歳です。てんかんの持病があり、フェノバ^-ル5mgを一日2回飲ませていました。発作は月に1回2分程 度でした。私が体調を崩し飲ませるのを何回か忘れたら、おとといの夜突然発作が始まり、2時間位発作を繰り返し、動けなくなりました。ハッツハッツと苦しそうな呼吸で40度台の熱が続いています。  病院から貰ったジアゼパムの座薬で発作は治まって増すが、熱が下がりません。事情があって病院へは明後日でまで連れて行くことができません。何か よい解熱剤があったら教えてください。  弟が薬剤師なので薬はすぐに手に入ります。宜しくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

熱がハアハアしていることで出ているなら、その原因を見つけることが大切です。動物病院を受診するまでは、薬ではなく、物理的に体温を下げるほうが安心です。

体温を定期的に測定しましょう。39.5℃以下になるように、身体を冷やしていきます。

全身の毛を刈りましょう。電動バリカンがホームセンターなどで売っています。そして、水を全身にかけて、扇風機などで風を送り、蒸発させることで、熱を下げてもらいます。

39.5℃まで下がったら、やめましょう。

ハアハアしていれば、また体温は上がってきますので、定期的な検温を継続し、また、40.5℃以上になるようなら、同じことを繰り返します。

診察なしに解熱剤を使えないのは、なんらかの異常が考えられるからです。

高齢のゴールデンレトリーバーには、腫瘍が高率に発生します。特に、脾臓に血管肉腫という悪性腫瘍ができ、それが、破れて、おなかの中に出血していることが心配です。このような状態で、解熱剤を使用すると、出血傾向が強まり、自然に止血する可能性がさらに低くなります。出血していると、貧血になり、余計に酸素が足りなくなり、呼吸を早くするという代償作用が起こります。今が、そのサインなのかもしれません。

また、脳腫瘍の可能性もあります。これが、呼吸中枢に作用して、呼吸が荒いのかもしれません。

いずれにしても、危険な状態には変わりないので、受診できるまでは集中看護が必要になります。

飼い主様の体調が悪いところ、その集中看護ができるのか不安ですが、頑張りどころだと思います。

往診や、ペットタクシーなども検討されるといいでしょう。

質問者: 返答済み 5 年 前.

昨日の夕方から体を冷やしたり 扇風機で風を当ててあげたりしてます。


呼吸はジアゼパムを入れてから落ち着いています。


色々工夫してあげても熱が下がらず 心配です。


脳腫瘍が原因の発作だったのでしょうか・・・?


お金がかかるので CT もとってもらっていません


 


金銭的な理由で家でできるだけのことをやってあげたいと考えています。


 

専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.

金銭的な理由があるのですね。

であれば、今は熱を下げることに専念してもらうといいでしょう。

バリカンは1万円くらいはしますので、ご自宅のハサミなどで、できるだけ毛を短くカットしてあげてください。くれぐれも皮膚を切らないように慎重にしてください。保冷剤や氷枕などを用意して、首、脇、内またに接触させておくのも、見ているうちなら、利用できるでしょう。見ていないと、かじって食べてしまうこともあるので、危険です。

これからも呼吸異常は出る可能性がありますので、検温、クーリングを繰り返してあげましょう。この季節ですので、熱中症にはじゅうぶんな注意が必要です。

発作が高齢になってから起きてきている物なら、脳腫瘍の可能性は高いでしょう。しかし、幼いころから発作が起きていたなら、てんかんの可能性のほうが高いでしょう。高齢になって、てんかんをもっているところへ、脳腫瘍が発生してきているのかもしれません。

yasuyukiをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

アドバイスを頂きながら 御礼もせず 失礼しました。


昨日は毛刈りをし 全身に水道水をかけ 扇風機の風を当て 39度まで


熱を下げることに成功しました。 夜中に 呼吸が苦しそうになったので


熱を計ったら40.09度まで上がっていたので 又 水をかけ 今は39.5度で


呼吸は安定してます。


横になったままで意識は朦朧としているというか ぜんぜん 眠ってないように見えます。 


自力で立ち上がり ご飯を食べられるようになるのか 不安です。


 


主治医に脳腫瘍の可能性があることは告げられていました。


飼い主の都合で詳しい検査が受けられなかったので


発作の回数を減らす目的でフェノバールを飲ませることになり


薬を飲ませ始めてから3ヶ月になりますが それ以降は 今回の発作を


含めて2回と以前に比べ かなり減っていたのですが・・・


結局 フェノバールを飲ませることは 意味のないことだったのでしょうか?


 


 


 

専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.

お返事がたいへん遅れ、申し訳ございません。

痙攣発作の原因がなんであれ、フェノバールを飲ませることは、効果が期待できますので、意味のないことではありません。

明日、受診予定ですね。

脳腫瘍のサイズが大きくなって、フェノバールではうまくコントロールできなくなっている可能性があります。脳の炎症を抑える目的で、ステロイド剤が使えるかもしれません。主治医の判断に任せることになりますが、よくご相談ください。

質問者: 返答済み 5 年 前.


不安な2日間を親切 丁寧 適切にアドバイス頂き 心強く ゴンちゃんの看護ができました。  大変 感謝しております。     

専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.

今後もゴンちゃんには介護が必要と思われます。

主治医と連携して、快適な余生を過ごさせてあげましょう。

なにかございましたら、遠慮なくご質問ください。

犬 についての関連する質問