JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

ダックスフント15歳の老犬なのですが、先日病院に連れていったら、睾丸の左右の大きさが違い、大きな方は腫瘍の可能性が高

解決済みの質問:

ダックスフント15歳の老犬なのですが、先日病院に連れていったら、睾丸の左右の大きさが違い、大きな方は腫瘍の可能性が高く、良性でもほっておくと血液が止まらなくなったりするから手術した方がいいと言われました。
しかし、全然元気なので、本当に手術するべきなのか悩んでいます。
どうしたらよいでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

確かにかかりつけの先生のおっしゃる通り、左右の睾丸の大きさが違う場合は精巣腫瘍である可能性がかなり高いです。
そしてワンちゃんの精巣腫瘍には何種類かありますが、ほとんどが悪 性ですので、そのままにしておくと腫瘍の全身転移や腫瘍から出る物質によって貧血を起こしたり出血傾向を起こしたりして一年以内に命に関わる危険性があります。

年齢的には15歳というのはかなり高齢にはなってきていますが最近では20歳くらいまで生きれる子もいますし、精巣摘出術は種々の中でも最も簡単な部類にはいる手術ですので(通常15分いないに終わります)もし、心臓や腎臓などにそれほど問題がなく、麻酔のリスクが高くないのであれば僕が主治医だとしても手術することをおすすめするでしょう。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問