JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5400
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

13歳のメスのラブラドール。先週水曜日から40度を超す発熱、熱中症の診断と同時に血液濃度が低い(30%)ことも発覚、

解決済みの質問:

13歳のメスのラブラドール。先週水曜日から40度を超す発熱、熱中症の診断と同時に血液濃度が低い(30%)ことも発覚、まずは解熱を先決にと、5日間朝晩点滴と解熱剤、抗生物質、ステロイド、ブドウ糖などの治療、39~40度の熱を行きつ戻りつ6日目の今朝ようやく38.4度まで下熱したものの血液濃度が10%に激減で極度の貧血、ただちに80ccの輸血処置、小康状態のまま夕方38.8度の熱 と濃度は18%に。解熱とともに口から水分を取るようになり、おしっこも。ただしいっさい食べない。獣医さんによると、血液をこしらえてないのか壊しているせいなのかは判らないとのこと。血尿は出ていない。お腹を開けて脾臓によっては摘出か?と。ただ高齢なので手術がどうか?と。これまで13年間病歴なし。つい1週間前まで走っていただけに何かを見逃したかと悔やむのみ。レントゲンなどは撮っていません。どうか良きアドバイスを。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
はじめまして、質問ありがとうございます。

診察をしていませんし文 章からだけの推測です。
的確なアドバイスができない場合があることを御承知ください。

問題点としては
発熱と貧血ということですね

発熱の原因としては
①感染症

②免疫異常反応

③痛み
が原因です。

貧血の原因は
①出血
 この犬種で多いのは腫瘍で脾臓が破裂して出血した。

②赤血球の破壊
 免疫異常やバベシアと呼ばれる赤血球への寄生虫による赤血球破壊

③骨髄と言われる赤血球を作る部分の腫瘍化や炎症、機能不全

などが原因です。

検査としては炎症マーカーのCRPやリュウマチ因子、免疫異常を調べる抗核抗体検査
凝固因子検査、腹部超音波検査、血液トマツ検査などが必要です。

犬種や年齢、状態から考えると脾臓の腫瘍が破裂して貧血を起こした可能性が
高いとは思います。

今の病院で手に負えないなら手術や輸血、術後の管理、検査を含めて大学などの
2次診療病院を紹介してもらってはいかがでしょう?
質問者: 返答済み 5 年 前.

現在の状況下に近隣に大学などの二次診療病院もないことからその道は困難です。今朝の状態ですが、熱はおそらく38度台に下がっています。顔つきも大変しっかりしています。水も飲み支えてやって立位でおしっこもしました。ただし食べません。この2日間は全く食べていません。(数日前に一度食べたがその晩と翌日に吐いた)何かいただけるアドバイスはありますか?

専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
おそらく脾臓が破裂した可能性が高いので超音波検査をしてもらいましょう。
それで腫瘍がみつかれば腫瘍の摘出という話になる可能性が高いと思います。

原因に追求していかないとこういう病気は適切な処置に辿りつかないでしょう。

質問者: 返答済み 5 年 前.


13歳という高齢で脾臓摘出手術はリスクはどうでしょうか?現在血中濃度は18%程度、一切食事もとりません。食べるとすぐ吐きます。食べない原因があるのでしょうか?体温は38.5度程度です。

専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
リスクは勿論有りますが出血の原因が脾臓に有るなら、また出血して亡くなるでしょう。

それとまだ体力があって可能性がある時に行うのとどちらが良いですか?というお話に
なる可能性が高いとは思います.その辺りの説明を担当医からお聞きになるべきでしょう。
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問