JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
loverai0210に今すぐ質問する
loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験:  動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
60637329
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

14歳のメスのヨークシャテリア(2.5㌔メス)がアカラスに感染して、現在 1回/2週のアイボメック注射に通っています

解決済みの質問:

14歳のメスのヨークシャテリア(2. 5㌔メス)がアカラスに感染して、現在 1回/2週のアイボメック注射に通っています。
昨日、若い獣医師が、臀部に注射をしたときに かなり ぎゃんぎゃんと鳴き叫び 注射と同時に失禁をしました。
しばらく、抱いて落ち着かせようとしましたが 興奮して抱かれたまま また、失禁しました。
床に降ろすと、注射をした側の左足を曲げたまま 足をつきません。
2時間程獣医さんが預かり、様子を観察してもらいました。レントゲン上、骨折や脱臼はなく、注射をしたときに筋肉か、神経に影響を与えたのかもしれないので、痛み止めの注射をします。と言われて注射を受けて帰宅しました。
帰宅後 足は、床に降ろす様になりましたが、力が入らず2~3歩で室内で滑ってしまいます。毎日、庭で排泄さえていたのに、室内で失禁します。(外に出すと、たまに排尿するときもありますが、ほとんどが、歩かず、尻餅をついたり、溝に足をはさみます。)

そして、もともと、白内障で視力が低下していましたが、帰宅後ほんの数時間で、ほとんど何も見えなくなっていました。

本日、もう一度 受診して、院長に診察して貰いました。
足は、注射を臀部にしたことが、影響しているかも・・・しかし、日にちを追うごとに回復すると思う。
視力は、対光反射がほとんど無くなっている。2回目の注射(鎮痛剤ではなく、プレドニゾロンでした。)が影響しているのかも・・・といわれました。
リンゲル液+ビタミン剤+メトクロプラミドの点滴で注射の薬効を排泄させて、整腸剤+バイトリルの内服とタチオン点眼を処方されました。
5日程で、視力は回復するはず・・・との診断でした。

小型犬の臀部に皮下注をするのは、タブーなんでしょうか。
この場合、ステロイド剤の選択は、適当でしょうか。(若い獣医師は、自分の注射ミスを償うために、副作用のリスクを考慮に入れず、小型の老犬には、強すぎる薬を選択されたのでしょうか。)
ステロイドの注射で、数時間で白内障の増悪・視神経障害が起きるのでしょうか。
これは、医療事故と考えてもいいのでしょうか。

ご回答宜しくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
こんばんは。
今までの通院で臀部に注射を打ったことはなかったのでしょうか?
プレドニゾロンはどのくらいの量打ったかはわかりますか?
また、現段階での足や目の様子はどうでしょうか?少しは回復しているような傾向がありますか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

過去の皮下注射は、首~肩のあたりだったように記憶しています。


プレドニゾロンの投与した量は、教えていただいていません。


目と足の回復は、まったくありません。


治る見込みがありますか?

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
まず、小型犬でもワクチンなどを臀部に打つこともありますので、臀部に注射を打つことはタブーではないと思います。ただ、痩せている子等だと臀部の皮下が薄く、筋 肉注射となり、強い痛みを伴うこともあります。また、院長先生がおっしゃられているように、神経を痛めてしまった可能性もあり得ます。実際に私の知り合いの先生でも狂犬病を臀部に打ってしばらく立てなくなった子がいました。その子は数日で戻りましたが…筋肉注射の痛みであれば数日でひくと思いま すが、神経をもし痛めていたら、後遺症として残る可能性も残念ながらあります。ステロイドについてですが、鎮痛量で使用されたのであれば、ごく少量を使われていると思いますし、血糖値が元々高かったとかであれば、糖尿病からくることも考えられますが、目に直接入れたわけではないので、それが直接白内障の原因となってしまったかというと、可能性としては低いのではないかと思います。私の見解 としては、臀部の痛みで一時的にパニックに陥り、目の方にも一過性の障害が出ているのか、たまたま元々の白内障が進行し出したものが今回のものに重なっただと思いますが、こればっかりは推測でしかありません。これが医療事故かといわれると、正直難しいところだと思います。プレドニゾロンも鎮痛剤として使用しますし、 非ステロイドのお薬のほうが鎮痛作用は強いですが、胃腸障害などの副作用が強いので、お年の子ということで避けられたのかもしれません。間違ったことはされていないので、医療事故と判断するためには今後MRIなどで神経のどこに異常を来しているかや、目の回復が今後見られるかなどをみていって、総合的に判断する必要があると思います。
loverai0210をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.
再投稿:その他.
ご回答ありがとうございます。


知人の方の経験や一般的な経過なども理解できます。

ただ、他の専門家の先生のお話も聞いてみたいです。

もしかしたら、同じような症例を経験されていないでしょうか???


宜しくお願いいたします。

犬 についての関連する質問