JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
loverai0210に今すぐ質問する
loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験:  動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
60637329
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

7才のゴールデンレトリバーの雌です。 右の顎の下に触ると固い掌の半分くらいの腫れがあります。 動物病院で診察して

質問者の質問

7才のゴールデンレトリバーの雌です。
右の顎の下に触ると固い掌の半分くらいの腫れがあります。
動物病院で診察して頂いた結果、リンパの腫れではない。
甲状腺の腫れではな い。
何か口の中に刺さって腫れていれば痛がることが多いのに痛がらない。

他の症状は、いつもあっという間に食べてしまうフード、をゆっくり食べますが、残しません。
凄く食欲があるのに、催促しなくなった。

腫れの原因が分からないが、抗生物質を処方され腫れが引く場合は、それ程心配ない。
引かない場合は、詳しい検査が必要という診断でした。

散歩も普通にできますし、元気はあります。

この右の顎の下の腫れは、どんな原因が考えられるでしょうか?
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
こんばんは。
確かにその位置はリンパ節や甲状腺のある位置です。あとは実際に見ていないので正確な位 置がわかりませんが、唾液腺がたまっている可能性もあります。唾液腺嚢腫というもので、口の中で何かの刺激で唾液腺を傷つけてしまった結果、唾液の入る袋が破けてしまって周りにたまってしまう病気です。
ただ、その場合プヨプヨとした感触になることが多いので、固いというと、また別のものの可能性もあります。
皮膚の腫瘍などの可能性も考えられます。
まずは、中身が液体か固体なのかをエコーで確認し、針で刺せる位置なら刺して中身を調べた方がよいでしょう。
確かにまずは抗生物質を飲ませて反応を見てもよいと思いますが、唾液腺や腫瘍だと何も変わらないはずなので、上記の検査をしてもらったほうがよいでしょう。
唾液腺や腫瘍だと手術が必要になりますので、早めに検査をしてもらうことをおすすめします。
専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
すみません。回答にご納得頂けなかったようで申し訳ありません。
実際に正確な位置を見ていないので可能性としてあげられるものは以上になってしまいます。
ままた残念ながら見た目だけではそれがなんなのかは可 能性しかあげることはできません。腫瘍も見た目では悪性か良性かはわかりません。
せめて、液体か固体かわかれば、少し絞られてきますので、それでエコーなどの検査をおすすめしました。
エコーや針で刺すのはすぐにできるので、私だったら抗生物質で様子を見る前に一度見てみると思います。

他に何かご不明な点、ご納得のいかない点がございましたら、詳しく書いていただけますと助かります。
質問者: 返答済み 4 年 前.


腫れている場所は、あごの下では無く右側の首のあたりでした。


今横になって寝ているので、触ってみたらかなり大きな腫れです。


 


ぶよぶよしたものではなく、固い感じです。


気が付いたのは、昨日ですが食欲減退などの症状が出始めたのは、


10日前くらいです。


 


腫瘍が出来ているのなら、ゴールデンの犬種に多いものなのでしょうか?


また治療はどんな方法があるのでしょうか?

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
返答ありがとうございます。
首のあたりですか…しかもそんなに固く食欲まで落ちてきているのであれば、やはり腫瘍の可能性は高いかもしれません。エコーでみても、それだけ固ければ液体ではないでしょうね。

先ほども述べたように見た目だけで、腫瘍であっても悪性か良性かはわかりませんし、何の腫瘍かももちろんわかりませ ん。
ただ、一般的に固い腫瘍というのは、経験上あまりよくないもののことが多いです。
また、ゴールデンさんだということですので、確かに腫瘍は多い犬種ですし、お年になればなるほど悪性の腫瘍ができる確率も多くなります。
固い腫瘍であれば、針で刺すことも難しいですし、確定診断および治療は、まず手術で全部をとり、病理検査に出してその成分を調べることから始まります。
その上でどのような薬があうのか、例えば抗がん剤などが使えるものならその選択をし、放射線などが必要なら大学病院など大きな病院で行うという形になると思います。
固いものですし、食欲もなくなってきているということですので、私の見解としては、抗生物質で様子を見るより、早めに手術でとって、治療できるものはそれをスタートしたほうがよいと思います。
気になるのは、食欲がなくなってきているということです。他の臓器に転移していないかは、レントゲンやエコー、血液検査でもう一度確認してから手術はしたほうがよいでしょう。
loverai0210をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


抗生物質を飲み始めてから3日目から、吠えたりご飯を


催促するようになりました。(腫れ方は変わらず)


日に日に元気になり、食べ方も以前のようにガツガツ食べるようになりました。


そして今朝、触ってみるとまだ腫れていますが、半分くらいの大きさに


なりました。状態もよくいつも通りの元気な様子です。


 


何らかの原因で感染して腫れ、抗生物質投与で腫れが引いて来てと思います。


実際に診察して頂いていませんし、前に回答して頂いた事は


最大限に悪い場合を想定した回答と思います。


いづれにしても快方に向かっていますので、良かったです。


 

専門家:  loverai0210 返答済み 4 年 前.
そうですか、抗生物質で大きさが半分になったのであれば、少し安心ですね。
よかったです。
わざわざ経過をお知らせいただいてありがとうございました。
今後も大きさが小さくなっていくとよいですね!

犬 についての関連する質問