JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

16歳のMIX犬です。元気ですが今日シャンプーをした時に 右足の膝より下の所にプヨプヨした出来モノが有りました。

質問者の質問

16歳のMIX犬です。元気ですが今日シャンプーをした時に
右足の膝より下の所にプヨプヨした出来モノが有りました。
最近気になるらしく、夜舐めて居ます。家の中で生活をしています。
足は震えてはいませんが、時たまそこの部分を気にして、
たまに後ろの右が滑ります。
腫瘍か脂肪の塊か、判別が付きません。予測される病名は何でしょうか?
このわんちゃんは、子供の時に去勢しています。大病は一度もしていません。
宜しくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

もしできているものがかなり柔らかいぷよぷよしたものであれば可能性としては
1.脂肪
2.水泡
3.いわゆるいぼ
のどれかになります。
これらはとくに悪いものではないので、おいておいても問題はありませんが、あまり本人が舐めてしまうとそこが炎症を起こしたり化膿したりしてしまいます。

怖いのは少し硬め(しっかりしたもの)でドーム状あるいはコリコリとしたしこりのものになります。
脂肪腫などの良性腫瘍もそのようになりますが、ワンちゃんの皮膚には悪性腫瘍もよくでき、悪性腫瘍ではドーム状になったり、コリコリとしたしこりになることが多いです。

基本的にはプヨプヨのものやキノコのように縦長のものは悪いものは少ないですが、文章だけでそれを判断するのは難しいです。
年齢的には麻酔をかけて手術というのも少し負担のかかる年齢ではありますが、まずはどういったものかを見ておいて貰った方が安心はできるかと思います。

犬 についての関連する質問