JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
loverai0210に今すぐ質問する
loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験:  動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
60637329
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

ビションフリーゼの雄・12歳です。 8月18日(一昨日)クッシング症候群と診断されました。 1ヶ月前ほど前から、

解決済みの質問:

ビションフリーゼの雄・12歳です。
8月18日(一昨日)クッシング症候群と診断されました。
1ヶ月前ほど前から、ベッドに上がらない、異常な食欲、ビール腹、脱毛といった症状があり、クッシングではないかと疑って血液検査を依頼。 肝臓関連の数字等から間違いないといわれました。
おそらく、脳か副腎の良性腫瘍が原因とい う診たてでした。
過去、腰痛で、二回ステロイド剤を短期間使用したことがあります。 (8歳、10歳)

早速、クッシングの薬(人間用)と肝臓肥大を押さえる薬を飲み始めました。
食欲が、正常に近くなったのと、水のがぶ飲みが収まり、散歩の意欲が戻り、家族全員喜んでいます。
以下、教えて頂ければ幸いです。
①平均して、3年の余命といわれましたが、理由は何でしょうか (腫瘍の進行?、筋力低下?、薬害?)
②病気はどのように進行していくのでしょうか。換言すれば、今後、どんな体調変化が表れるのでしょうか (夜尿、失明、???)
③最新の治療であれば、根本的な改善方法がございますか
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 5 年 前.
こんにちは。実際に見ていないので正確な診断はできないことをご了承ください。まず、1に関してですが、かかりつけの先生がなぜ良性の腫瘍だろうと言われたのかわかりませんが 、脳や副腎の腫瘍が悪性か良性かによっても変わると思います。見た目や症状からはなかなかそのどちらかは判断できません。だからといって脳を開けて腫瘍をとったり、難しい手術になりますが、副腎を摘出したりして、診断することもあまりやられていないので、結果的にこれだけ進行が早かったから悪性だったねなどと後からわかるものです。特に副腎腫瘍は経過をおってエコーなどで大きさを確認していくべきでしょう。副腎が腫大してくるとその横にある腎臓を圧迫してしまうため、水腎になったり、最悪無尿になったりなどがあるかもしれません。三年の余命と言われた真意はその先生にお聞きしな いとわかりませんね。私の患者さんでは5-6年とかそれ以上生きている子もいますし、先ほどいったようにどこに腫瘍があるか、悪性かどうかによっても変わると思います。ただ、普通でも小型犬の平均寿命は15歳くらいなので、それで言われたのかもしれません。2に関してですが、上記で述べたように副腎が腫大して腎臓を圧迫したりするかどうかにもよります。また、脳であれば、視力が低下したり痙攣がおきたりなど、クッシングとは別の症状がでる可能性もあります。3に関してですが、クッシングは残念ながら根本的に治すことは難しいでしょう。それこそ1で述べたように脳や副腎に腫瘍が本当にあるのかを調べ、手術をすれば変わるかもしれませんが、現実的には厳しいと思います。以上になりますが、他に何かご不明な点がございましたら、評価をされる前に追加質問をされてくださいね。
質問者: 返答済み 5 年 前.

loverai0210様


追加質問、よろしくお願いいたします。



  1. 主治医の先生も誠実な人ですから、信頼しておりますが、大事な犬のことなので、情報は多いほうが良いと思い、教えて頂いております。

  2. 質問ですが


    


①今後、投薬治療を続けるとして、定期的に検査したほうが良い点がありますか? (血液検査、エコー検査等で定期健診すべき事など)


②日常、気をつけるべき点


・食事(避けるもの、強化すべきもの)


・運動(筋力低下を止める工夫等)


・見逃してはいけない、悪化の兆候


③メスを一緒に飼っており、生理時に興奮して骨折・捻挫等が心配ですが、自然に任せておけば良いでしょうか


④その他、QOLを高めるためにしてあげた方がよい事 (床の滑り対策、微熱対策・・・)


 

専門家:  loverai0210 返答済み 5 年 前.
1についてですが、血液検査とエコーははじめは週1くらいで、だんだん間隔をあけてしていくべきでしょう。
副腎の大きさを見ていった方がよいです。

2について。
食事は、とりあえずは今食べているものでもよいと思いますが、食べるようなら肝臓の処方食などがよいでしょう。筋力低下に関しては散歩をできるなら、朝晩の涼しいときに平地を歩かせたりするとよいでしょう。膝など屈伸運動させてあげるのもよいでしょう 。
悪化の兆候は、脳の腫瘍が悪さをしないかどうかです。歩き方や呼吸などがおかしい場合はすぐにみてもらってください。

3ですが、できればその女の子のほうは避妊手術できないでしょうか?それか生理中は部屋を別にするなどしたほうがよいでしょう。興奮させるとあまりよくありません。

4についてですが、滑りやすいようならフローリングはやめてコルクマットやじゅうたんをひいてあげてください。今の時期はかなり暑いので日中でもクーラーを28度くらいでかけておきましょう。
loverai0210をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問