JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

昨日の夜から起き上がって歩くときに前足に力が入らす、時に広がってしまい、ふらついたりした状態がしばらくつづいていまし

解決済みの質問:

昨日の夜から起き上がって歩くときに前足に力が入らす、時に広がってしまい、ふらついたりした状態がしばらくつづいていました。ただ、食欲は全然落ちてなく夕ごはんも完食しました。今日の午前中はほとんど横になった状態で落ち着いていたようなのですが昼過ぎておきあがった時は後ろ脚にも力が入らない状態 でハーネスを購入しつりあげた状態で立ち上がり歩行の手助けをするような感じです。自力ではほぼ歩けない状態です。あと三日で15歳の誕生日です。ミニチュアピンシャーでオス、体重は約7キロ。今日からかかりつけの病院が盆休みにはいっていて診察にいけません。水分は与えれば十分飲む状態です。どのような事をすればよろしいでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

もともと足は弱かったですか?
それとも急に弱くなりましたか?
また、他に何かいつもと違うところや行動はありますか?

もう少し情報をお願いいたします。
質問者: 返答済み 5 年 前.

約半年前から歩行中後ろ足を若干引きずる感じがありました。一昨日まではほとんど正常に散歩も排せつもできていました。ただ時々片足を上げて排泄する時ふらつくことはありました。目の表情、食欲、は問題ないと思います。


いまは回答を頂いてから夜ごはんを食べさせるつもりです。正常に立てないので第一関節を折り曲げた状態で立ち上がり、歩行しようとします。しかしふらつきがひどく、補助しなければ自力歩行はできません。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
そうでしたか。

そうであると可能性としては
1.もともと軽い首のヘルニアがあり、それが悪化した。
2.もともとの足のものとは関係なく、脳の異常(脳 炎、脳梗塞、脳腫瘍)があるのどちらかかと思います。

お家ではまずは首にできるだけ負担のかからないようにしてもらう(抱っこの仕方など)こと、それからおしっこやウンコを立てないとできない子もいるので、ハーネスなどで補助歩行を定期的にしてもらう、それからできるだけ自分でも歩けるようにフローリングではなく絨毯のある場所にいてもらうということになります。
ご飯も自分で食べるのが難しい場合は、その時だけ補助起立をさせるか、もしくは少し柔らかいものを食べさせるということになります。

ただし、食欲もほとんどなくなってしまう場合や足の不自由がどんどんひどくなってしまう場合は、かかりつけではなくても診てもらえるところに早めに診てもらっておいた方がいいでしょう。
ヘルニアなどの神経の異常の場合は早めにお薬を使ってあげた方が回復の可能性が高いですので、連れていけるところがほかにあれば僕は早めに連れて行ってもらうことをお勧めします。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問