JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

12歳・オスのラブラドールレトリバーです。 おとといから、鼻出血(左)が続いています。治まる時もありますが、タラリ

解決済みの質問:

12歳・オスのラブラドールレトリバーです。
おとといから、鼻出血(左)が続いています。治まる時もありますが、タラリタラリと出てています。食欲もあり、痛がる様子はありません。どうしたのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

鼻出血は腫瘍、感染症、炎症、出血傾向(止血異常)で起こりますが、片側性でだらだら続く場合は、出血傾向の可能性は低いです。

それからラブラドールという犬種、年齢 、痛みがないという兆候は感染症や炎症よりも腫瘍を疑わせる所見ではあります。
感染症や炎症でも同じような症状が起こる可能性はありますが、その場合は鼻が詰まって食欲が落ちたり、鼻から膿のようなものが出ることが多く、また、ラブラドールちゃんは腫瘍が多い犬種になります。

鼻の奥の検査というのはなかなか難しく、レントゲンで診断がつくこともありますが、通常はCTが必要になります。
早めにまずは一般的な診察をしてもらい、やはり鼻の奥の何かの疾患が疑われる場合は、CTの予約を取ってもらい、CT検査を受けられることをお勧めします。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問