JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

散歩に行ったあとから左の後ろ足を引きずるようになり、足の先の方を触ると痛いのか嫌がります。かかりつけの病院がお休みな

解決済みの質問:

散歩に行ったあとから左の後ろ足を引きずるようになり、足の先の方を触ると痛いのか嫌がります。かかりつけの病院がお休みなので、他の病院に行ったところ原因不明と言われて痛み止めをもらい帰宅しました。ですがあまり元気もなく足も引きずる感じから片足をあげて歩くようになりました。遊びたい気持ちはあるようなのですが痛がってあまり動きません。明日かかりつけの病院に連れていきますが、不安なのでだいたいで構わないので考えられる病気や怪我など、今日1日注意すべきことなどを教えていただけたらさいわいです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

脚の先の方を触られると嫌がるという場合、先の方に何か問題があることがあり、考えられることは

1.何か小さいものが刺さったあるいは虫に刺された
この場合は通常赤みや腫れが徐々に出てくることが多いですし、ほとんどの場合、足先を気にしてなめますので、そういたことがなければ違うと思います。

2.足の指の骨折
足先にはかなり小さい骨がたくさんあります。
その小さい骨が骨折してしまった場合には大きい骨の場合と違い、腫れも強くないですし、びっこの引き方も軽度であることが多いです。
レントゲンで判断できることが多いですが、少し診断が困難になることが多いです。
ただし、通常の散歩の身では骨折することはありません(病的骨折以外は)ので、踏まれてしまったとか、溝に落ちたとかある程度の外力が加わったのでなければ骨折は可能性としては高くはないでしょう。

3.指の脱臼
これも2に近いですが、診断が困難になることが多いです。
指を色々な角度からレントゲンを撮らないとわからないことが多いです。

4.捻挫
これは通常は上のような病気を除外して診断することが多いです。
レントゲンでは全く異常はみられません。

これ以外にも、膝のお皿の脱臼(膝蓋骨脱臼)はトイプードルちゃんに非常に多く、足先だと思っていたら実は膝だったということはあります。
特別大きな力が加わらなくても、素因がある子では膝のお皿は外れますので、僕はこちらの可能性も高いのではないかと思います。

とりあえずお家では安静にすることと、今日は散歩を控えること、フローリングなど滑るところもできるだけ歩かせないということが大切になります。
散歩でしかおしっこやウンコをしないという子は抱っこして連れて行ってもらい、したらすぐに帰るという方がいいでしょう。
もし性格的に可能であればケージレスト(ケージの中で生活させる)もいいかと思います。
もし足先をなめている場合はなめないようにカラーなどをつけてもらう必要があります。

どの病気もそれほど緊急的いうものではありませんので、明日までそれで様子を見ても問題はないと思います。
ただし、明日には病院で診てもらった方がいいと思います。


japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
現在の状況はどうですか?
他に聞きたいことはありますか?

犬 についての関連する質問