JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5268
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

家の中で飼っている12才7ヶ月の小型犬です。頭と耳の病気を調べるためにMRIを考えています。 家の中で、10日ほど

質問者の質問

家の中で飼っている12才7ヶ月の小型犬です。頭と耳の病気を調べる ためにMRIを考えています。
家の中で、10日ほど前から急に歩き方がおかしくなり7日ほど前から寝て起きる時、寝返りの時、腰が立たなくて困っている様子でした。不思議な事に散歩のときは少し元気は無いですが歩きます。便・尿は変わらないと思います。
1年ほど前から右側の顔面が痙攣しています。とまる時は無くずっとピクピクしています。初めの頃は他人では判らないほどでしたが、最近では誰もが判るし、目も細くなり少し首も傾いているようにも見えます。
Dogドッグの結果は加齢的なものはありますが深刻なものはありません。
なにかアドバイスを頂けたら幸いです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
はじめまして、質問ありがとうございます。

診察をしていませんし文章からだけの推測です。
的確なアドバイスができない場合があることを御承知ください。

-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。

血液検査で甲状腺ホルモンの測定をしましたか?T4やfT4などについて

また最近体重が増えてきた、動きが鈍いなどありますか?

立てないのは四肢ともですか?

首が曲がったり、視力がないなどはありますか?
質問者: 返答済み 4 年 前.

記入忘れましたがオスです。甲状腺、T4やfT4の項目はありませんでした。体重や動きの変化などはありません。


はじめは右前足を上げていましたが、後ろ足・腰がヨロヨロという感じです。今日は自分で立ち上がるようになりました。


白内障はありますが視力はあります。斜頚もほとんどわかりません。

専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
原因の可能性としては
①甲状腺機能低下症
 ふらつきや顔面神経麻痺が起きることがあります。できればMRI検査前に調べて
 もら った方が良いでしょう。

②脳炎や脳梗塞、脳腫瘍などの問題
 これらの原因でふらつきや顔面神経麻痺が生じている可能性があります。

アドバイスとしてはあまり興奮させないことです。
脳圧が上がると発作を起こしたりするかもしれません。

早めに大学や2次診療施設でMRI検査をしてもらった方が良いでしょう。
病院からの紹介性になっていると思います。
費用はMRI検査を麻酔して行うと5-10万くらいだと思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.

左副腎やや腫大 ALP-PS高値で飲水量チェックと言われていますが・・・350~400㏄位です。心電図では左室肥大。左腎盂結石、前立腺部尿道結石あり。MRI検査は負担は少ないのですか?


家の中での様子は二三日前に比べて自力で腰を上げますし少し歩きます。散歩はいつもより弱いですが行きたい方に引っ張ることもあります。散歩中座り込んだり腰がくだける事は今まで一度もありません。

専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
実際に診察をしていませんので明確には言えませんが
通常の生活に問題ない程度であれば大抵は麻酔はかけられます。
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

MRIを受けることに迷いがありました。お答えを参考にさせていただきます。ありがとうございました。

専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
お大事に

犬 についての関連する質問