JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

4歳9ヶ月(オス、2.7kg)と5歳9ヶ月(オス、2.2kg)のチワワを飼っています。 1カ月ほど前から4歳のチワワが嘔吐するようになり、受診。腎機能が悪いとのことで150ml/

解決済みの質問:

4歳9ヶ月(オス、2.7kg)と5歳9ヶ月(オス、2.2kg)のチワワを飼っています。
1カ月ほど前から4歳のチワワが嘔吐するようになり、受診。腎機能が悪いとのことで150ml/日の皮下点滴を初めの2週間は毎日、今は隔日で行っています。データはあまり改善せず
7/20 Cre3.6 BUN50
7/27 Cre3.6 BUN37
です。一度エコーをとりましたが、エコー上の所見では急性腎不全で原因としては炎症が考えられるとの診断でした。
5歳のチワワも2日前より嘔吐するようになり、本日受診したところ同じく腎機能の低下がみられました。Cre 6.7 BUN116 です。今日から100ml/日の皮下点滴をしていく予定です。

受診前まではエサは市販のドックフード(ウェットとドライを混ぜたもの)を1日2回あげていました。
今は野菜を中心とした手作りのエサをあげています。

同じ時期に腎機能が 低下する理由として何か考えられる原因はないでしょうか?
環境で変わったことといえば、去年の4月に日本からタイに転居したこと、今年4月にタイ国内で引越しをしたことくらいです。
現在住んでいるアパートには庭があり、そこでよく遊ばせています。庭に害虫駆除剤などを使用していた場合、それが原因となることはあるでしょうか?
普段の生活で注意した方がいいことや、治療などについてアドバイスを頂ければと思います。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

その若さで同居の子二人が腎不全を発症するのであれば可能性としては
1.遺伝性
2.環境によるもの

の二つになります。
もし兄弟の子であれば遺伝の可能性もありますが、その場合はエコーで腎臓の異常(大きさ、形、のう胞、血流がないなど)が見つかることが多いで すし、腎臓の遺伝病はあまり多くはないので、僕は2の可能性が高いかと思います。

食事によくない成分が入っていたり、農薬による中毒の場合に、急性症状を出さずに腎不全だけが起こることがあります。
僕も猫ちゃんとワンちゃんで一件ずつ経験をしたことがありますが、同居の血縁関係がない若い子がほぼ同時期に腎不全を発症して、結局原因はわかりませんでしたが、環境を変えることで全く元の健康体に戻ったのでおそらく何らかの中毒で合ったことが考えられます。
環境変化によるストレスというよりは環境中にある何かの中毒である可能性が高いと思います。

気をつけることとしては
1.庭に出るときには口輪などをして草や土を口に入れられないようにする
2.餌は今手作りにされているの出ればそれで問題ないと思いますが、あまり有名ではないメーカーのえさやおやつは全く与えない

といったことが基本になるかと思います。
それから5歳の子の腎臓の数値はかなり高いです。
状況にもよりけりですが、ぼくであれば数日入院させることが多いです。
急性中毒による急性じん不全であれば3~5日ほどで正常の数値まで戻ることもありますし、今現在も何らかの中毒物質が体内に残っていて腎臓にダメージを与え続けている可能性があるので、それを排泄させるためにも入院して静脈点滴をする方が、完治できる可能性があるのではないかと思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.
回答ありがとうございます。
2匹に血縁関係はありません。
現在タイ在住のため環境によるものであれば、転居や帰国も検討していこうと思っています。
治療でどの程度改善するかはわかりませんが、帰国の際の飛行機での移動は問題ないでしょうか?
また環境を変えて改善があった症例についてですが、具体的にはどのような環境改善をされたのでしょうか?
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
猫ちゃんの場合は、外に行かせないということを一定期間することで腎臓の数値は落ち着きました。
ただし、急性期にはもちろん入院点滴を3日程度行っています。

ワンちゃ んの場合も散歩時にできるだけ注意してもらうことと、食事を大手メーカーのものに変えてもらうことで落ち着きました。
ただし、一方のワンちゃんはある程度年齢がいっていたこともあり、軽い慢性腎不全へと移行してしまいましたが、点滴が必要というほどではなくなりました。

環境によるものや食事によるものというのはなかなか証明することは難しいですが、中毒に関係する可能性のあるものへの接触(お庭や食事など)をさせないことで改善する場合はそれによるものである可能性が極めて高いということになります。


それから飛行機の移動に関してはできれば避けてもらった方がいいかと思います。
腎不全で一番怖いのは脱水ですので、長時間、暑い場所で水分補給ができないとなると腎不全が悪化してしまう可能性があります。
1,2時間程度であれば大丈夫かと思いますが、特に5歳の子の場合はある程度腎臓の数値を下げないと移動に耐えられない可能性が高いかと思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
詳 しく教えて頂きありがとうございます。
もう少し教えて頂きたいことがあります。
腎機能は通常どのくらいの期間で悪くなるものですか?何か中毒性のあるものに接したあと数週間単位で悪くなるのもなのか、数ヶ月かけて悪くなるものなのでしょうか?
また、治療の効果があれば数日で改善するとのことですが、改善がみられないということは慢性に移行したと考えるべきでしょうか?原因として環境要因は考えていなかったため、食事は変更しましたが散歩などは今までと同じように行っていました。
環境を変えれば今後改善する見込みはありますか?
また、タイと日本では治療指針が異なるかもしれませんが、5歳の子のデータの場合主治医が通院治療の方針でも入院治療をお願いした方がいいでしょうか?
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
大丈夫ですよ。

まず中毒は慢性中毒と急性中毒がありますので、どちらかによって変わってきます。
急性中毒の場合はその原因物質を摂取して一日以内に腎臓の数値が上がってきます。
ただしその場合は激しい嘔吐や元気の消失などの症状を伴うことが多いです。

慢性中毒の場合は少量あるいは微毒な物質を何度も摂取すること、あるいは体内蓄積する金属のようなものを摂取して徐々に腎臓の数値が上がるものです。
これは状況によって数日から数ヶ月と幅は広いですが、特別嘔吐などの症状を伴わないまま進行して行くことも多いです。
またこれの場合はすでに慢性腎不全(腎機能 の回復が望めない腎不全)に移行していることも多いです。

4歳の子は確かに慢性腎不全に移行した可能性は高いと思います。
ただし、慢性的に腎毒性物質にさらされていて、そのせいで腎臓がうまく働かないために腎臓の数値が下がらない可能性もあるので、環境を変えることで改善する可能性はあります。

僕は5歳の子は最低、2,3日は入院する価値はあると思います。
急性腎不全は早期の治療で腎機能の回復は可能ですので、何か入院できない、させられない事情がない限りは入院を進めています。
効果があるかはやって見ないとわかりませんが、腎機能の回復の可能性はおそらくいましかないですし、回復する可能性もかなりありますので。

犬 についての関連する質問