JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

シーズ―のmixです。散歩中猫と遭遇し、猫パンチを受けたらしく右目が充血しています。直後は気付かず眼を三回ほど前足で

解決済みの質問:

シーズ―のmixです。散歩中猫と遭遇し、猫パンチを受けたらしく右目が充血しています。直後は気付かず眼を三回ほど前足で触っていましたか、傷もないのであまり気にもしなかったのですが、帰ってから眼のまわりを拭いていると充血しており、冷やしてリンデロンA軟膏(眼・耳用)を瞼にぬっていますが、処置としていかがでしょうか。本人は眼に触る事もなく普通にしています。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 4 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

一番怖いのは角膜に傷が付いている(角膜潰瘍やびらん)です。
白目が赤 い場合は、結膜炎があるということですが、猫パンチを受けて少し結膜の傷や炎症があって充血しているだけであれば今の処置で問題ないですが、もし角膜の傷があって結膜炎が起こっている場合はステロイド入りの目薬や眼軟こうは禁忌です。
ステロイドは角膜の総称治癒の妨げとなり、余計に悪化させてしまいます。
猫の爪が当たってしまった場合は角膜に傷が付いて、結膜の充血を伴っていることが多いです。

現在充血や目やにがひどくなく、しゅう明(目をシバシバさせる)がない場合は、ステロイド入りのお薬は止めておいて少し様子を見てもいいと思いますが、充血や目やにが続いたり、しゅう明がある場合は病院に行って傷の検査をしてもらい、それ用の目薬をもらわないと、ひどいことになることがあります。
ステロイド入りの目薬は止めておいた方がいいでしょう。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問