JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

現在、二歳8か月のフレンチブルドッグ、オスです 右後ろ脚首下あたりにしこりのようなものができ、診察してもらったとこ

解決済みの質問:

現在、二歳8か月のフレンチブルドッグ、オスです
右後ろ脚首下あたりにしこりのようなものができ、診察してもらったところ皮膚組織腫の可能性が高いが、手術で取った方が良いといわれました。肥満細胞 腫の可能性も捨てきれないからとのことでした
その一週間後にヘルニアになり、手術はせずにいます

針で刺して細胞を見るという検査を受けたのですが、その後、そのしこりの部分が赤くなり毛が抜けています
針を刺した跡も残っています
しこりは扁平になったのですが、検査後一か月たち、赤みが強くなったり、薄い色になったりと一日のうちでも変化しています

このままの状態で見ていてもいいのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

大きさは最初の状態とかわりませんか?
質問者: 返答済み 5 年 前.

初めて見てもらった時のしこりは5ミリくらいと言われています


 


現在、毛が抜けて赤くなっているところは扁平になっていますが9ミリくらいと診断されました(今週月曜日)

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
返信ありがとうございます。

その大きくなり方と見た目は文面から判断する限り、皮膚組織球腫の可能性が極めて高いと思います。
肥満細胞腫の場合は、グレードにもよりますが通常もう少し大きくなり方が早いことが多いです。
ただし、フレンチブルドッグちゃんにはときに悪性の組織球腫瘍というものがありますのでそれには注意が必要です。

それから炎症どめの中でもステロイドを使うと少し治りが悪くなる可能性があると言われています。
できればステロイド以外の炎症どめの薬であと一ヶ月程度みて、もし小さくなってこなければ手術したほうがいいでしょう。
皮膚組織球腫の通常は二ヶ月程度で徐々に小さくなる傾向が出てくるはずですので、それがなければ皮膚組織球腫でない可能性がありますので。
質問者: 返答済み 5 年 前.

親切なご回答をありがとうございます


返答内にあった悪性の組織球腫瘍との見極めは、このあと一か月くらい様子を見てからでも大丈夫なのでしょうか?


 


現在ステロイド系の薬は使っていません


現在かかっている獣医師からは三週間ほど後に経過観察で診察を受けることになっています

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
なかなかその見極めは難しいです。
ただし、組織球系の悪性腫瘍の場合は多発する傾向がありますので、他にもできていないかしっかりみておいてもらう必要はあります。
また、今からさらに大きくなる場合は、少し危険信号かもしれません。

かなり稀ではあるので、そのお年の子であれば、他にできてないか、大きくなってないかをしっかりみて、まず様子をみても大丈夫でしょう。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問