JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5279
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

はじめまして。 横浜に住むミニチュアダックスの飼い主です。 右腕の横(胸の右寄り)に楕円形2cm×1cmの ふに

解決済みの質問:

はじめまして。
横浜に住むミニチュアダックスの飼い主です。
右腕の横(胸の右寄り)に楕円形2cm×1cmの ふにゅにゅした柔らかいデキモノがあります。
また、他も調べたら左の胸下にも少し大きいのがあります。
特に痛がってはいませんが気になります。
細胞検査の結果待ちです。
また じきに11才になるメスのダックス 5才でヘルニアで手術をし歩けませんが
前足で元気よく移動はします。
調べて悪性だと手術を受けた方がよいのでしょうか。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 4 年 前.
はじめまして 質問ありがとうございます。
診察はしていませんので文章のみからの推測にしかすぎません。
的確なアドバイスが出来ない場合もありますの でご容赦ください。
質問やさらにお聞きになりたいことがあれば情報や要望を入力をお願いします。

手術を行った方が良いかは細胞診の結果次第だと思います。

悪性腫瘍の場合に手術を行った方が良いと考えられるのは
①生存率が高くなる
②痛みが無くなるなどのメリットがあれば行った方が良いと思われます。

現在の状況は良性の腫瘍で脂肪腫といわれるものの可能性が高いと思います。
悪性の腫瘍は痛みや発熱があったり、急に大きくなります。

良性の腫瘍で脂肪腫の場合には運動に支障がなければそのままにすること
の方がメリットが高いでしょう。
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問