JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

15年目のメスです。最近食欲がなく、気が付いてよく見てみると、お腹に水がたまっているようでとても苦しそうにしています

解決済みの質問:

15年目のメスです。最近食欲がなく、気が付いてよく見てみると、お腹に水がたまっているようでとても苦しそうにしています。フィラリアの薬は毎年飲ませているので、フィラリアではないと思いますが・・・
日曜日に救急で水を抜いてもらいましたが、また溜まってきています。頻繁に水を抜いてもらっても大丈夫でしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

腹水がたまる理由には色々ありますが、腹水を抜くかどうかは、その腹水が原因で食欲を落としたりかっこ腹水による胃の圧迫)、呼吸を悪くしたり(腹水による胸腔の圧迫)しているかどうかによります。
腹水を脱いてもまたすぐに溜まってきてしまいますので、ある程度たまっていても上のような状態がなければ抜く必要はありません。

腹水がたまる原因に関しては
1 心不全
フィラリア症、弁膜症(僧帽弁閉鎖不全など)、心筋症など
2 肝不全
肝硬変や門脈シャントなど
3 低タンパク血症
肝不全や炎症性腸疾患(IBD)
4 腹腔内腫瘍
脾臓や肝臓、リンパ節、腎臓などの腫瘍

と言ったものが考えられ、腹水をたまらないようにするためには原因となっている病気の治療が必要です。
血液 検査で低タンパク血症があるかは簡単にわかりますし、心不全は聴診と心エコー、腹腔内腫瘍は腹部エコーでわかります。
肝不全は少し診断がややこしくなることがありますが、特殊な血液検査で診断可能です。

腹水は連日抜いても大丈夫ですが、腹水には栄養分が含まれますし、腹水を抜くことは症状の改善はできても病気の治療にはなりません。
やはり、しっかり検査をしてもらい、その原因の治療をすることが必要でしょう。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問