JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

はじめまして。さっそくですが 7月22日に5月5日生まれのM・ダックスのメスをホームセンターから購入しました。3ヶ

質問者の質問

はじめまして。さっそくですが
7月22日に5月5日生まれのM・ダックスのメスをホームセンターから購入しました。3ヶ月たっていないというのにかなり大きく、毛もフサフサしていて、まるで柴犬の子のようでしたが、あまりのかわいさに購入を決めました。抱っこされている時は本当におとなしくいい子だったのです。店側からはシャンプーをした際に水を飲んだので便がゆるいと言われました。体重にあわせ、ドライフードをふやかして書いてある分量を与えました。軟便が続きました。この子はそれをすぐ食べてしまいます。五日目にして血便となりました。病院へ行くと、コクシジウムとトリコモナスが見つかりました。また、おなかは大きいのにあばら骨が浮いていると言われました。去勢をするのには歯をみればおおよその月数がわかるけれども、もしかしたら誕生日がもっと早いのでは・・・サイズがミニチュアでないかもしれないし・・・ということでした。ことばも出ません でした。とにかくストレスを与えないようにして、下痢を止め、食べる量を少しずつ増やし回数を増やして分け与えてくださいといわれました。躾は当分先ですよといわれましたが、吠えまくる、うなる、噛みグセ、暴れる・・・マンションで飼うには本当に困ってしまいます。そういう環境にいたんでしょうねとお医者様にいわれたので、インターネットで後日送られてきた血統書の所有者を調べましたら、犬100匹、その他にもたくさんいるようでした。それくらいのことしかわかりません。しかし、商売重視で愛情もかけず、劣悪な環境におかれ、すぐに売られてきたように推察します。こんな不幸な犬を躾けるのは犬にとっても飼い主にとってもかなりストレスになってしまいます。トイレの躾もできていませんし、排泄物の上に伏せをしたり踏んだりしていますので、寄成虫がいる以上衛生面からゲージから出して遊んでやることもできません。どのようにつきあっていけばよいのでしょうか。しつけの訓練所に行くにしても寄成虫がいなくならないと受け入れてもらえないでしょうし、ペットホテルに預かってもらうことすらできません。我が家には要介護の親もいますし、県外の施設に入居している親もいます。食便を防ぐため24時間一緒にいると、病院にも施設にも行くことすらできません。同居人はあと主人しかおりませんし、犬を飼うのは初めてで一番ほしがったくせに、やり方がわからないと手を出しません。頭が混乱していて今何も考えられない状況です。マンションという環境のなかで、飼い主がまずこのわんちゃんのためになにをすればよいのか、どこまでしてよいのか、教えてください。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 4 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。

まずはこまめにシャンプーをしてあげましょう。

もし、動物病院で全身の毛を短く刈ってもらえるなら、そのほうが、シャンプー時間を短縮することができます。

便のなかに寄生虫がでてくるので、それが身体についたままだと、再感染の可能性が高まるからです。

訓練所に犬のみを入れることも可能だとは思いますが、しつけは実際は飼い主様が行わなければならないので、飼い主様がしつけ教室へ通うことがベストです。いろいろな教室があると思いますが、まずはどこか1つ行ってみましょう。そこで、飼い主様がいろいろ勉強することになります。

また、しつけの本を数冊読むことを強くお勧めします。それは、著者によって、方法論がことなるからです。しかし、ゴールは同じです。数冊読むことで、どこがゴールなのか、しつけとはどういうことをするのかのコンセプトが理解できるようになります。

同時に、動物病院にはこまめに通い、健康管理は継続していきましょう。

これらのことをする時間的、費用的な余裕がない場合には、残念ですが、ワンちゃんを手放すことも考慮してください。そうしないと、飼い主様が疲弊してしまうからです。おうちの事情がいろいろおありのようですから、まずは飼い主様が疲れず、健康状態を損なうことのないようにしなければ、最終的にはワンちゃんも不幸になります。

ご主人様ともよくご相談なさってみてください。

また、動物病院の主治医も相談にのっていただけると思いますので、機会を作ってもらうといいでしょう。

犬 についての関連する質問