JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

1歳6カ月のジャックラッセルテリアですが、散歩中に左前脚がつったような痙攣をおこしているような状態になりました。

解決済みの質問:

1歳6カ月のジャックラッセルテリアですが、散歩中に左前脚がつったような痙攣をおこしているような状態になりました。
ちょうど他の犬と会って遊びたい!と興奮した時の事です。抱っこして脚をさすったり、少し伸ばしたりしていたら落ち着きましたが、10 分ぐらいはそんな状態でした。
家に戻ってきてすっかり普通の状態になり、今は何事もなかったように遊んでいます。
何が原因なのか心配なのすが、かかりつけの病院がお休み中なので、夜間の救急病院などに連れて行った方がいいのかどうか悩んでいます。
アドバイスいただければ幸いです。
よろしくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。


おそらく犬種と年齢的には膝蓋骨脱臼(膝のお皿の脱臼)が一番に疑われます。
膝蓋骨脱臼をおこすと一時的に足が曲げれない状態になることが多く、そのためつったようなかんじょに 見えたのではないかと思います。
それが戻ったため今は普通にしているのではないかと思います。

骨折などをしていてば痛みで足をつきませんので、今すぐ緊急病院に連れて行く必要はありません。
ただし、再脱臼することは多いので、できるだけ安静にしていただき、同じようなことが起こる場合は病院で見てもらって病状の評価をしてもらったほうがいいとおもいます。
重症の場合は手術が必要ですが、軽症れいでは、お薬や様子を見ることも多いです。
しばらくは安静にしおき、散歩もあまり走らせない方がいいとおもいます。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問