JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
loverai0210に今すぐ質問する
loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験:  動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
60637329
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

14歳の黒ラブ 雌です。 今年に入ってから、後ろ脚を歩行時に後ろにキックするような仕草が増え、両後ろ脚がキック

解決済みの質問:

14歳の黒ラブ 雌です。

今年に入ってから、後ろ脚を歩行時に後ろにキックするような仕草が増え、両後ろ脚がキック、キックの状態になって歩けなくなります。
関節なのかわかりませんが、何か足先がグリップしないようで空振りする様な感じです。
両後ろ脚がそうなので、歩行時は後脚がもつれて、結構激しく尻もちをつきながら歩いている感じです。
これは、高齢犬だからでしょうか?
獣医に行った方がいいでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 5 年 前.
こんばんは。
高齢犬では、後ろ足の 筋肉が落ちてきますので、弱くなることは確かですが、今の症状をお聞きすると、ただ単に年だけの問題ではなさそうですね。
ラブラドールですし、状況から考えると、股関節形成不全や関節炎など股関節などに問題があるかもしれません。また、骨肉種などの癌ができやすいお年でもあります。
なるべく早めに病院でレントゲンをとってもらうことをおすすめします。
また、お散歩は今はできるだけいかないほうがよいと思います。
変に足をかばったり、打ち所が悪いと骨折してしまうこともありますので、なるべく安静にしておいたほうがよいでしょう。
loverai0210をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問