JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

16才半の柴犬♂です。数か月前より自力歩行が困難な状態になり大半は寝たきり状態です。必死に起き上がろうと手足をバタバ

質問者の質問

16才半の柴犬♂です。数か月前より自力歩行が困難な状態になり大半は寝たきり状態です。必死に起き上がろうと手足をバタバタさせ、助けを呼ぶが如く大声で叫びます。これが昼夜2時間毎の昨今です。
食欲は旺盛ですが、うまく食べれないこともありレトルト状を数回与えていますが満腹とまではいかないようです。
常時空腹状態のせいなのか睡眠は2~3/24時間です。
今までかかっていた病院で、過去に去勢手術後に精神状態が異常になってから診察は除外してもらい症状を告げて薬を処方してもらっていました。が、現状これは無理のようです。
あとどれほどの余命かわかりませんが、穏やかに最期を迎えさせてやりたいのですが、例えば、睡眠剤などの投与に関して家族で意見が分かれています。
犬自身の辛さ?不安?を軽減してやる方策はないものでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

おそらく症状としては痴呆が半分くらいと自分で立ちたい要求泣きが半分くらいの状態ではないかと思います。
抗不安剤というよりは、できるだけできる時に補助歩行をしてあげることで、ストレス改善や疲れて寝るのを助けてあげるか、軽い睡眠薬を使われるかのどちらかもなると思います。

それ以外の 方法としてはフラワーレメディと呼ばれるメディカルアロマのようなもので多少不安感が軽減されてあまり騒がなくなる可能性はありますが、ある程度要求しいたしてあげないとなかなか収まってくれないと思うのでできるだけ補助歩行をするなどして運動させてあげるのがいいかと思います。
もし多少でも自力で歩けるのであれば家の中にサークルを買ってタオルを敷き詰めることで多少歩きやすくなり、サークルをくるくる回って自分で運動できる子もいます。

夜中どうしても起きてしまう場合は多少睡眠薬をつかわれるのはいいとおもいます。


犬 についての関連する質問