JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5280
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

8月に2歳になる柴犬です。1か月ほど前に食欲がなくなり、震えていたので、すぐに救急の獣医さんに行きました。注射をし明

解決済みの質問:

8月に2歳になる柴犬です。1か月ほど前に食欲がなくなり、震えていたので、すぐに救急の獣医さんに行きました。注射をし明日には良くなるでしょうと言われましたが、よくならず、翌日再度呪医さんへ行きました。
エコーと血液検査をし ました。エコーでは内臓に少し炎症かもしれない・・と血液検査は白血球が多く膵臓に炎症と診断されました。一度目の点滴の後は大分元気になりましたが、2度目の点滴と注射の後から後ろ脚が少し変になり、尿を歩きながらダラダラするようになりました。その翌日から後ろ足が立たなくなり、ステロイドが入った点滴に5日通い今は錠剤を一日半分ずつ飲んでいます。ですが、改善はみられずここ二日くらいは自分で起き上がれずお座りもしていられないくらい下半身が麻痺してしまっています。今日は排尿もお腹を押して手伝わないと自分だけでは出せていませんでした。神経回路を侵される感染症かもしれないと
診断されていますが、これ以上治療の可能性はないでしょうか?!!レントゲンでは背骨の異常はみられなかったようです。チェコのプラハから質問させていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。 山下より
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
はじめまして 質問あ りがとうございます。
診察はしていませんので文章のみからの推測にしかすぎません。
的確なアドバイスが出来ない場合もありますのでご容赦ください。
質問やさらにお聞きになりたいことがあれば情報や要望を入力をお願いします。

症状から推測するに脊髄という背骨の中を走っている神経に障害が出ています。
特に腰の後ろの方で障害が出ているでしょう。

若齢であることから椎間板脊椎炎や感染や免疫異常が原因の脊髄炎などが
うたがわれます。
MRI検査が必要です。それ以外ではおそらく原因について診断することは
難しいでしょう。また難しい症例なのでMRI検査をしないと
原因についてはなんとも言えません。

私も診察をしていませんし実際にMRI検査をしていませんので
推測でしかありません。実は他の病気であるという可能性もあります。

MRI検査が出来ないのであればステロイドと抗生剤での治療ということに
なりますが、原因がはっきりしていないので今後にどうなるのかは
不明です。チェコにMRIが無い可能性が高いと思いますので
ドイツなどでMRI検査をしてもらうしかないかもしれません。
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問