JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

10歳7か月のポメラニアンのオスです。 3日前に外を見て吠えてたのが、何かの拍子にフローリングの床で滑ったのかキャ

解決済みの質問:

10歳7か月のポメラニアンのオスです。
3日前に外を見て吠えてたのが、何かの拍子にフローリングの床で滑ったのかキャンと言って左後ろ足を曲げて動かないので、夜間の動物病院で診察、膝蓋骨脱臼かも、と翌日にかかりつけ医まで受診に行きました。
レントゲンを撮ったけど異常なし、膝蓋骨脱臼は前からあるけど、今は膝の皿は問題ない。痛み止め処方して帰りました。その翌日も痛みが強くて立てないので、別の病院へ行きました。すると、股関節脱臼と言われました。
かかりつけ医と相談するようにとあり、手術する方法もあるし、温存方法もあり、いずれにしても2か月程でよくなると言われました。
手術をしたほうが良いのか・・・痛そうにしているのでかわいそうでなりません。
食欲もなく、おしっこも我慢しているのか、立ち上がった時に漏らします。ウンチも2日間していません。
いろいろと治療法があるようですが、どうしたらいいのかわかりません。教えてください。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

もう少し情報をよろしくお願いします。

股関節脱臼は完全脱臼と言われていますか?
脱臼の整復はしてもらいましたか?
現在全く足がつけない状況ですか?

よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 5 年 前.

脱臼の修復はしてもらっていません。

レントゲンで本来あるべきところからズレていると言われました。

袋があり、そこから破けて外に出ていて、当然靭帯も切れているとの事。

かかりつけ医ではなく、以前に狂犬病の予防接種に行った近場の病院なので、そこの先生も主治医によって判断は色々で、サポーターで固定する場合もあるから…と・・・

でも手術をすると、2~3日で痛みはなくなり、リハビリはするけど2か月で完全完治すると話があり、また、そのままでも2か月で偽関節?が出来てまた歩けるようにはなると事。

どうしたら良いのか、何が一番良いのかわかりません。

質問者: 返答済み 5 年 前.

脱臼の修復はしてもらっていません。

レントゲンで本来あるべきところからズレていると言われました。

袋があり、そこから破けて外に出ていて、当然靭帯も切れているとの事。

かかりつけ医ではなく、以前に狂犬病の予防接種に行った近場の病院なので、そこの先生も主治医によって判断は色々で、サポーターで固定する場合もあるから…と・・・

でも手術をすると、2~3日で痛みはなくなり、リハビリはするけど2か月で完全完治すると話があり、また、そのままでも2か月で偽関節?が出来てまた歩けるようにはなると事。

どうしたら良いのか、何が一番良いのかわかりません。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
そうでしたか。

確かに手術をしない方法もありますが、関節の構造が悪くて(股関節形成不全など)入ったり抜けたりするのであれば、整復をしなくてもいいですが、もし外傷性に脱 臼をしただけで股関節の構造がしっかりある場合は、痛くて足を全く使えませんので、とりあえず整復が必要になります。
脱臼しているということは靱帯も間接胞も破れているのは間違いないですが、骨盤と大腿骨がしっかりしている場合は、股関節形成不全ではなく、外傷性の脱臼になります。

脱臼の整復は手術とは異なり、鎮静は必要ですが、深い麻酔は必要ありません。
整復してしばらく固定することで小型犬の子であれば落ち着く可能性はあります。
ただし、整復しないあるいは整復しても再脱臼してしまうのであれば、痛みはかなり強いですし、しっかりした関節の構造があるのに脱臼している状態であれば歩けるようになるかどうかはわかりませんし、なるとしても相当時間がかかってしまうのでその間に筋肉が落ちてしまって、ほとんど使えなくなってしまう可能性が高いです。
もしもともと股関節の構造が悪く、入ったり出たりしている場合は整復しないで様子を見ることもあります。
痛みどめやサプリメントでよくなってくれることもあります。

外傷性(外からの力での)股関節脱臼の場合は、まずは整復をしてみてそれでも再脱臼してしまう場合は手術というのが一般的かと思います(いきなり手術することもありますが、整復しないということはありません)。

ですので、単なる外傷性の脱臼であれば、整復してそれでも再脱臼してしまうのであれば手術、もしくは今の状態で手術というのもいいかと思います。

状況が100%把握できていないので、あまり強いことは言えませんが、もし、股関節脱臼を診断できなかった場合や、股関節形成不全などの構造上の異常がない外傷性股関節脱臼を整復しなかった場合は、あまり整形外科の知識があるとは言えません。

できれば整形外科の専門の病院や整形外科が入っているような大きな病院でしっかりと見てもらった方がいいかと思います。


japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問