JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

6歳10ケ月の柴犬です。ここ20日程で様子が変わってしまった飼い犬に戸惑っています。 6月に8種混合ワクチンを

解決済みの質問:

6歳10ケ月の柴犬です。ここ20日程で様子が変わってしまった飼い犬に戸惑っています。

6月に8種混合ワクチ ンを接種。2,3日後に右後ろ足を地に着けなくなり病院で鎮痛炎症剤を3日分処方されるも改善せず、再び病院を受診しレントゲン検査するも異常が無く、5日分の鎮痛炎症剤とサプリメント(関節をスムーズに動かすため)を処方されるが改善せず後ろ足に力が入らないようだ。今日血液検査をするも異常なし。
現在の症状は ①時々右後ろ足を地面に着けられない。②寝たり座ったりの姿勢から立ち上がるのに下半身に力が入らない。(歩き始めてしばらくはモタモタしている)③車の座席に飛び乗るのを躊躇するようになった。④散歩時は割りと普通に歩ける。⑤1日中横になってることが多い(つい最近まで活発だった。⑥お客さんがきても吠えなくなった。⑦食欲は普通にある。

診断を宜しくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

血液検査ではCRPは測られましたか?
また、お熱は時にありませんか?
ワクチンを打つまではびっこを引いたりしたことはなかったですか?
どこかさわって嫌がるところなどはないでしょうか?


よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 5 年 前.

返答有り難うございます。

今日の血液検査では、CRPなど個別のことはわかりませんが、全て数値は正常範囲に入ってると言われました。熱も無く、触っても痛がる様子はありません。尚今までにびっこをひたことはありません。

 

 

宜しくお願い致します。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
返信ありがとうございます。

CRPは特殊検査になりますので、おそらく通常の検査では測ってないのではないかと思います。

ワクチンと今回の症状が必ず関係しているというわけではありませんが、ワクチンの副作用の一つとして免疫介在性疾患を誘発することがあります。
ワクチン自体が免疫を刺激してウィルスに対する抵抗力を高めるものですので、稀にその反応に付随して自分の体を自分で攻撃する免疫が誘発されることがあります。
関節にも自己免疫性関節炎というものがあり、ワクチンの副作用の一つに出る可能性があると考えられています。

その場合、通常の関節炎よりもCRP(炎症を測るマーカー)が上がりますので、それが上がっていれば自己 免疫性関節炎の可能性が高くなります。
治療はステロイドのような免疫抑制剤になります。
CRPは病院の中に測れる機会を持っているところは少ないため、通常取った血液を検査センターに送って測ってもらうことが多いです。

それ以外にもヘルニアやその他の関節炎、リウマチ、靱帯疾患も考えられますが、立ち上がりが難しく、散歩は比較的平気というところや、元気がないというところは関節炎を疑わせる症状ですし、ワクチン後というのが関連するのであれば関節炎の可能性が高いでしょう。


CRPを調べてもらい、それでもわからない場合は関節液検査やCT(ヘルニアなどの鑑別)を行ってもらった方がいいでしょう。
関節の病気はワンちゃんが自覚症状を言えないですし、客観的な評価基準を作るのが難しく主観的な判断になってしまいますので、診断困難なことになることもあります。
もし、今の病院で原因不明だといわれてしまう場合は整形外科専門の病院や整形外科の入っている二次病院などを紹介してもらうことをお勧めします。


japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問