JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
loverai0210に今すぐ質問する
loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験:  動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
60637329
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

6月5日に連れて行きレントゲンを撮りましたが骨膜炎といわれました。その1週間後立てなくなりましたので再診、診断は同じ

解決済みの質問:

6月5日に連れて行きレントゲンを撮りましたが骨膜炎といわれました。その1週間後立てなくなりましたので再診、診断は同じでした。6月10日の時点で2、3オピニオンを受けに他院へも連れて行き入院検査しましたが血液検査もひっかからず帰りたがって歩いたのでどうもないと診断され、3番目のところでは太りすぎだからでしょうと冷ややかに言われ診察してももらえませんでした。投薬を続けていましたがますます症状が悪くなり昨日往診を頼みましたら病院に連れて行って検査、レントゲンで骨肉腫、肺へも転移あり、余命2週間といわれました。立ったり歩いたりはできませんがまだ表情もしっかりしていてなにか手があるのならみすみす死なせてしまうのは 悔いが残ります。当人も調子の悪い時はただ喘いでいますがおさまるときょろきょろみまわしたりしています。好きなものならコーヒーカップ1杯くらいは食べていますので体力と気力があるなら何とかならないかと思うのですが。滋賀県の彦根です。アドバイスをお願いします。脚を痛がっている時期は過ぎたといわれました。昨日まで尿は出ています、便は食べ方が落ちているのもありますが4日間でていません。排泄はシーツの上で横たわったまま行っています。 他院へ連れて行き断脚、抗がん剤投与なども可能で間に合うなら考えていますがの先生はバイオプシー検査自体麻酔などで体が持たないのではないかといわれこのままでみとる方向しか考えていないようです。13歳の雌ゴールデンレトリーバーです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 5 年 前.
こんにちは。
つらい言い方にはなるかもしれませんが、正直骨肉腫で既に肺転移を起こしているのであれば、これから断脚や抗がん剤を使用しても厳しいと思います。大学病院にいっても、同じだと思われます。
例えば抗がん剤などの強いお薬を使用すればそれだけ負 担もかかり、副作用も出てきてしまい、ほんの少し寿命は延びたとしてもこの子にとって果たしてそれがよいのかという感じになってしまいます。
また、肺に転移していれば今後は呼吸が悪くなることは必須ですので、骨肉腫うんぬんよりそちらのほうがきつくなると思います。
なので、厳しいかもしれませんが、これからこの子の寿命をのばすというよりは、いかに残された時間をゆっくりと楽に過ごさせてあげられるかを考えたほうがよいのではないかと私は思います。
例えば、レンタルで酸素ボックスなどを借りてあげてそこに入れてあげると、かなり呼吸がしやすくなると思います。やはり腫瘍ができた肺ではうまく酸素交換もできませんので、高濃度の酸素が必要になってきます。
また、痙攣を起こしたとのことなので、見た目には見えなくても脳などに転移がある可能性もあります。
痙攣を起こしたときに、他の場所を打ち付けたりしないように周りをクッション性のあるものでおおってあげるとか、できることはまだまだたくさんあります。
飼い主さんといる時間もこの子にとっては大事な時間でしょうし、出来る限り一緒にいてあげると、この子の不安感も少しは落ち着くのではないでしょうか?
やはり転院してそのたびに検査してというのは、この子にとってももうきついでしょうし、あとは食べれるものをあげて、水分をよくとらせ、酸素をかがせて呼吸を楽にというのが一番よいのではないかと私は思います。
他に何かお手伝いできることがありましたら、ご相談にのりますので、お聞きくださいね。
loverai0210をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問