JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

16歳のゴールデンですが、耳にデキモノが出来て獣医で摘出して戴いたのですが、その後の傷は、そのままで汁のようなものが

質問者の質問

16歳のゴールデンですが、耳にデキモノが出来て獣医で摘出して戴いたのですが、その後の傷は、そのままで汁のようなものがでていたのですが、塗り薬ももらえず、ただ、悪性腫瘍だと言われ、又大きくなりますとだけ言われました。抗がん剤は、副作用が、ありそうなので、断りました。そのうち腫瘍が、ピンポン球 の、大きめぐらいになり、匂いも強くなりました。今は違う獣医さんにいってますが、塗り薬抗生物質の飲み薬を、もらっています。もう年なので、手術は、無理だろうと、素人考えで思い・・・天命まで見てやろうとおもっていますが、デキモノが、大きくなって、かわいそうです。週一回薬代が、3万2千円と一週間おきに注射が、いっぽん2万円かかります。食欲は、少し落ちましたがあります。ただ、後ろ足が立たなく立たせてもすぐに、寝そべります。小便も出しっぱなしです。何か最善の方法ありませんか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.
頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれて います。動物病院の受診をお勧めします。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。
ゴールデンでこのお年は、超高齢です。
ふらつきは脳の異常(耳の腫瘍の転移もふくむ)や関節炎等があるのかもしれません。血液検査ですので異常がなければ、非ステロイド系消炎鎮痛剤で症状は軽快するかもしれません。しかし、現在、ステロイドを治療に用いているなら、併用はできません。
腫瘍は悪性腫瘍であれば根治は困難ですが、その部分だけの、凍結手術なら、麻酔なしでも、苦痛なしに、できるかもしれません。主治医にご相談ください。
薬は体重によって量を決めますので、本種では、費用がかかるのは仕方がないですが、凍結手術してしまえば、しばらくは、お薬をお休みできるかもしれません。
yasuyukiをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

耳全体をとっても生きれるものですか?とれば傷口が、膿むのは直るのでしょうか?

質問者: 返答済み 5 年 前.

耳全体をとっても生きれるものですか?とれば傷口が、膿むのは直るのでしょうか?

専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.

耳全体を切除しても問題はありません。しかし、今回の場合には麻酔をかけずに行う方法の話ですので、耳を切除することはできません。もちろん耳がなければ、膿はできません。

今回の凍結手術はできものだけを凍らせて、「枯れさせる」ようにさせるものです。

犬 についての関連する質問