JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

愛犬はもうすぐ14歳でシーズーとプードルのミックスです。口腔内に赤い腫瘍(小指のつめぐらいの大きさで黒ではありません

解決済みの質問:

愛犬はもうすぐ14歳でシーズーとプードルのミックスです。口腔内に赤い腫瘍(小指のつめぐらいの大きさで黒ではありません)が出来たので病院で検査を受けたところメラノーマと検査結果が出ました。
お医者さんと相談し、腫瘍のある患部を切り免疫療法(リンパの培養し リンパを入れる)と抗がん剤で治療することにしました。
但 し患部の削除ですが 唾液腺を巻き込んでいるので腫瘍部分を切り取ると唾液腺が出なくなり逆に唾液が内部にたまる可能性もあると言われています。

質問は腫瘍部分だけを切り取っても唾液腺がふさがれ唾液が 口腔内に出なくなる可能性があるのであれば患部の削除を止めたほうが良いのか 少しでも小さくするため患部の一部を切り取ってそれから免疫療法、抗がん剤とするのがいいのか どちらが良いのか教えてください。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

まず最初に、どちらがいいかを確定的に言うことは申し訳ないですができません。
直接診断しているわけではないですし、どちらがいいか今の時点で言えるのであればおそらく主治医の先生がそちらをお勧めしていると思われますので。
どちらもある程度メリットデメリットがあり、飼い主さんが選択しなければならないという状況です。

一般的に言えることとしては唾液腺に関しては、左右一対ずつ何個かあるので、片方が分泌されなくなるというのは特別問題ないですが、分泌されなくてたまってしまう(いわゆる唾液腺のう腫の状態)のが一番の問題になります。
そ れは手術をした後でないとどうなるかわかりませんが、唾液腺の入り口付近を手術でさわれば、そういったことになる可能性は高いでしょう。

根治を目指すのであれば、腫瘍と唾液腺を一緒に取る(唾液腺は取ってしまっても問題ありません)という方法もあります。
ただし、その方法は時間がかかりますので、弁膜症を持っているワンちゃんであれば麻酔の負担に耐えられるかどうかというのが問題になってきます。
またメラノーマは悪性度が高いことが多いので、それで根治できる可能性はそれほど高くない(おそらくそれをしても再発してしまう可能性が高い)かと思います。
ただし、その方法がとれるのであれば効果は一番高いです。

抗がん剤と免疫療法というのは、ある程度の効果は望めますが、外科的なものほどの効果は期待できない可能性が高いです。
腫瘍の部位や状態を見ないと何とも言えませんが、少しでも小さくできるのであれば外科手術で小さくしてから抗がん剤や免疫療法をするというのが腫瘍治療の鉄則ではあります。

一度唾液腺ごとの摘出ができるかどうかを相談されてもいいかと思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

唾液腺ごとの摘出手術はどのようなもので 大掛かりになりますか またその後遺症はどうですか。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
手術に関してはどこの部分の唾液腺かによって変わってきます。
それほど大掛かりというわけではありませんが、時がかかることが多いので、心臓疾患を持っている子では麻酔時間が問題になります。
また後遺症に関しても部位によって異なりますが、部位によっては顔面神経の障害や、浸出液がしばらく出たりすることもあります。
ですので、もし行えるのであれば、ある程度手術症例が多い病院がいいかと思います。

犬 についての関連する質問