JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

6歳のメスのミニチュアダックスです。6/15、ご飯を食べなくなって3日目病院へ、エコー、血液検査共に大したことはない

解決済みの質問:

6歳のメスのミニチュアダックスです。6/15、ご飯を食べなくなって3日目病院へ、エコー、血液検査共に大したことはないと、医師が猫用の缶詰を食べさせたところ食べたので購入し帰宅。土日、ご飯を全く食べず、水を飲んでは吐く、尿を 全く出さない、ぐったりしてる。6/18病院へ、脱水ひどく、Ht75.1,Hb26.7,赤血球数1272、白血球数21500、PLT353、TP9.8,腎臓BUN42、Cre6.3,電解質Na124,K2.7,CI78 SPECCPL694 膵炎かもしれないと入院。点滴始める。6/20,BUN158,Cre7.7,ALP157。6/22自己免疫検査、抗核抗体(+)6/22よりステロイド開始。PLT133,TP7.0,BUN138
6/25 Ht67.7,Hb22.2,赤血球数1076、白血球数19900、PLT144,Glu108、BUN57、Cre2.8,GPT18,T-Bil2.5、ALP789、Na151、K3.2、CI120 6/26からステロイド増量。
黄疸も出ています。おしっこは出しています。昨日から水を飲ませているようです。医師からは、腸の動きが悪い、腸がはれている、胆管が詰まっているのでは?膵炎と肝臓、炎症性大腸炎と言われました。1週間たって大体病名が分かりましたよという答えでした。この病院は、高額で腕が悪いと評判ですが、一番近所である為かかりましたが、治る可能性があるのでしたら他の病院に移してでも治してあげたく思っています。治る見込みはありますか?教えて下さい、お願い致します。毎日会いに行ってますが、行くと尻尾を振って抱いてと寄ってきます。(心臓も元々弱いらしく、酸素のお部屋に入っています)
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。動物病院の受診をお勧めします。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

血液データからは改善傾向のように思えます。膵炎は有効な治療方法のない病気ですので、いまのような対症療法が中心になります。

膵臓、胆管、十二指腸の問題があるように思えます。原因がなかなかつかめない病気ですので、今の状態で完治するかどうかは、実際に診療にあたっている獣医師にしか分からないです。時間はかかると思いますが、改善傾向のようですので、もうしばらく入院、治療をされたほうがいいように思います。

費用的には厳しいようなら、その旨を伝えて、退院させてもらい、ここぞという動物病院に店員してもいいと思います。しかし、転院先では経過が分からない状態で治療を開始しますので、その分ハンデがあります。いまの主治医から紹介してもらうという形で大学病院などにかかるのが最適かもしれません。大学が決して安いという意味ではありません。

質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとうございます。

胆管、主膵管が詰まっている状態の治療としては、ステロイドしかないのでしょうか?

腸が、動いていないということが気になります。また、どんな治療方法が他にあると思いますか?

ステロイドも強くしたということで、副作用は大丈夫でしょうか?

ステロイドが効かないとなると次の方法は、何を考えられますか?

 

父を亡くしてから母が一人で寂しいと思い購入した犬です。(母の唯一の同居人です)

なので、母も費用が掛っても治してあげたいと言ってます。

ただ、評判が良くないので御相談いたしました。

専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.

胆管がなにかで詰まっているなら、そこに手術でチューブのようなものを通し、開通させることができるかもしれません。しかし、腫れて、通り道が狭くなっている場合には、ステロイドのような炎症を抑える薬が有効かもしれません。ステロイドが効かない場合にも手術が試されるで しょう。膵管がつまっている場合には、ダックスのサイズでは外科的には難しいでしょう。炎症が治まり、通り道が広がるのを待つことになるでしょう。ステロイドの副作用は、入院して、観察をしてもらっているので、日々の観察や検査で副作用が出るようなら、調節されると思います。

最後に評判の件です。これは難易度の高い病気を扱えば扱うほど、その動物病院での救命率は下がります。残念ながら助からなかった患者様の飼い主様が、悪い評判を流すわけです。評判や口コミなどははあまり気にしないほうがいいでしょう。ご自身がその動物病院や獣医師を見極めて、任せられないと判断したら、転院すれ ばいいと思います。技術的なことよりも、個々人の相性がいちばんの問題だと思います。また、費用ですが、今回のような難易度の高い病気を扱っていればいるほど、スタッフが多ければ多いほど、設備が大きければ大きいほど、高額になります。また、予想していたよりも高額だと、心理的な負担感も大きくなります。今の時点で、途中の診療費を精算してもらい、あとどのくらいかかるのか見積もりをもらっておくといいでしょう。

yasuyukiをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問