JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

ミニチュアシュナウザーのメス10歳です、春先から鼻詰まりが始まり、くしゃみと粘りの強い鼻が詰まって、最近は少し黄緑が

解決済みの質問:

ミニチュアシュナウザーのメス10歳です、春先から鼻詰まりが始まり、くしゃみと粘りの強い鼻が詰まって、最近は少し黄緑がかった鼻が詰まってます。 お医者さんに見せても改善が見られません。 どうしたらよいでしょう?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

まずその鼻水自体は黄緑色っぽいということもあり、細菌が混じったものかと思います。
ただし、その奥に真菌感染が関与していたり、鼻の奥の方の腫瘍があったりしてそこが化膿しているという可能性も否 定できません。

やることとしては
1.もう少し細菌感染の治療をしてみる
 これに関しては、鼻水を細菌培養に出したり、抗生物質の感受性試験をしたりして効く抗生物質を特定して治療することです。
鼻の奥の感染(特に副鼻腔炎を起こしている場合など)は抗生物質の効きが悪くなることも多いです。
効く抗生物質をしっかり確認したり、二種類以上の作用機序の抗生物質を組み合わせることで普通の感染症よりも強い抗菌治療をする必要が出てくることもあります。

2.積極的な検査をする
 鼻の奥の方の状態を見るにはCTが必要になるケースが多いです。
 動物の場合は全身麻酔が必要になるので、すぐにCTを撮りましょうということになることは多くはありませんが、長引いている場合はまず先にしっかりとした検査をして治療方針を決めていく必要があります。
 もしそれで腫瘍が見つかった場合には、抗生剤の治療では改善はみられませんので、その種類によって、手術や抗がん剤放射線治療などが適応になるケースがあります。


もし今の病院での改善が見込めないのであれば早めに大学病院やCTのあるような二次病院を紹介してもらって、積極的な治療や検査をしておいて貰った方がいいかと思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問