JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
loverai0210に今すぐ質問する
loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験:  動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
60637329
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

よろしくお願いします。 我が家の犬はミニチュアシュナウザーの雄で14歳6ヶ月になります。 今までにも結石と皮膚の

解決済みの質問:

よろしくお願いします。
我が家の犬はミニチュアシュナウザーの雄で14歳6ヶ月になります。
今までにも結石 と皮膚の病気で通院しております。
一週間前になりますが突然歩けなくなり診てもらったところ椎間板ヘルニアと診断されてました。
腰のあたりから後足が動かせず立つこともできません。最初の3日間は毎日点滴をして、今は
3日に一度通院でオゾンガスと飲み薬の治療を行っています。
リハビリも昼間は仕事で居ないのであまりできず、だいぶ筋肉も落ちてしまったように思います。
知人の犬はレーザー治療で歩けるようになったと聞きましたが、内の犬もまだ可能性があればと
思っています。現在もよく診てもらっているので他の病院にかかるのも気にはなりますが…
良いお考えがあれば教えて頂きたいと思います。
                               静岡県在住 谷
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 5 年 前.
こんばんは。
ヘルニアにはグレードがあります。
後ろ足が立たないレベルというのはお薬やリハビリなど内科療法で立てるレベルまで持っていくのは、とても可能性の低いことです。
しかも、無理に今リハビリをしてしまうと、手術もしていないのに、背骨に負担をさらにかけることになり、余計悪化してしまう可能性もあります。
今の先生がよくしてくださるとのことで、あまり病院は変えられたくないかもしれませんが、正直この質問を読む限り、MRIなどの検査ののちすぐにでも手術をしてもらったほうがよいと思います。

手術をして、ヘルニア部 位を切除したうえでリハビリをするのはおおいに結構だと思いますが、今の時期にするべきではありません。リハビリも間違ったリハビリをすると余計悪化してしまいますので、きちんとその子にあったリハビリをしていかなければなりません。
まだ後ろ足がふらつく程度ならレーザーやリハビリでもよいでしょうが、今のレベルはほおっておくと、最悪排泄もできなくなるかもしれません。
厳しい言い方にはなりますが、病院を変えないまでも一度他の大きな病院でセカンドオピニオンを受けられてみてもよいのではないかと思います。ヘルニアは治療する時期を間違えると回復もどんどん遅くなってしまいます。
早めに対処されたほうがよいと思います。
loverai0210をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問