JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

雑種16歳 オス 喉の腫れがあり日に日に大きくなっています。食欲もなくなり徐々に歩行困難な状況(特に後ろ足に力が入ら

質問者の質問

雑種16歳 オス 喉の腫れがあり日に日に大きくなっています。食欲もなくなり徐々に歩行困難な状況(特に後ろ足に力が入らず腰が抜けた様な感じ)になりつつ有ります。動物病院では血液検査では異常な数値は見当たらず心臓・胃などレントゲンでも異常な箇所は有りません。病院が言うにはリンパ線には異常なし(触手にて)との事。甲状腺が腫れて息苦しいのではとの見 解です。
 先々週迄は薬(デオドール100mg・シンクル250mgを1日2回及び1日1回Onsior20mg)を5日間与えましたが病状は変わらず現在、消炎剤の注射1週間に1回ほど及び飲み薬(ペリアクチン 4mgを1日2回・RIMADYL75mgを1日1回)現在3日服用を飲ませてますが回復する症状が有りません。

 この治療を続けた方が良いでしょうか?

アドバイス願います。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

もう少し情報よろしいでしょうか?

甲状腺の検査(ホルモンの血液検査)はされていますか?
よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 5 年 前.

血液検査は6月9日にしましたが、検査項目の数値は下記になります。

 

 下記項目で分かりますでしょうか?

 

白血球数  99

赤血球数  447

ヘモグロビン 10,4

ヘマトクリック 30,8

MCV     68,9

MCH     23,3

MCHC    33,8

血小板数   43,5

 

 

 ※赤血球数が447で正常値が550~850でしたが問題ないとの病院からの返答でした。

   上記血液検査内容で分かりますでしょうか?

 

   宜しくお願い致します。 

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
検査をされているのはそれだけですか?

ホルモン濃度の検査や喉の腫れの部分の検査(針で刺して細胞を見るなど)はされていませんか?
質問者: 返答済み 5 年 前.

喉の腫れの部分の検査はしてません触手のみでの判断です。検査項目は先程記載した以外に下記があります。

 

 ナトリウム 147

 カリウム  4,9

 クロ-ル  118

 

 GLU(血糖) 92

 BUN(尿素窒素) 29,0

 CRE(クレアチン) 1,3

 TCHO(総コレステロ-ル) 265

 TP(総蛋白)  6,1

 ALB(アツブミン)  3,3

 GPT/ALT  44

 CPK  71

 ALP 1歳以上  381

 

 以上が先程メ-ルしました項目以外の検査項目です。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
返信ありがとうございます。

内臓系はそれほど悪くはなさそうですね。
軽度貧血ですが、年齢的にも少し下がる傾向にありますので、今の状態ではそれほど問題ではないかと思います。


確かに首のあたりが呼吸が苦しくなるほど腫れる場合で、リンパ節でないのであれば、甲状腺の腫れの可能性が高いかと思います。
甲状腺の腫れはワンちゃんの場合はほとんどが悪性腫瘍といわれています。
レントゲンなどで異常がないのであれば、おそらく転移はないのではないかと思いますが、腫瘍の腫れにより呼吸困難を起こし窒息してしまうというリスクはあります。

甲状腺の腫れの場合は基本的にはその腫れを針で刺して、その中の細胞を顕微鏡で検査し、腫瘍で合った場合には手術をするというのが一番の方法です。
ただし、甲状腺腫瘍は血管が多く、出血しやすいので検査には少し注意が必要な のと、年齢的に手術に耐えられるかどうかというところが問題になってきます。
今のところ内臓の方はそれほど問題がないようですので、心臓が問題なければ(聴診や心エコー)、大学病院などの二次病院を紹介してもらい、手術の相談をされるのもいいと思います。

治療法は手術以外には抗がん剤もありますが、どの程度小さくできるかは使ってみないとわかりません。
ある程度は効果がある子は多いですが、手術に比べると劇的な効果はありません。


今の治療では腫瘍であれば正直意味はありませんので、やはり検査をして手術や抗がん剤などを使わないとどんどん大きくなって苦しくなってしまうと思います。
飼い主さんがどこまで望まれているのか、またどこまでの治療にワンちゃんが耐えれるかは実際見てみないと何とも言えませんが、今のままの治療ではよくなってくれるのは難しいと思いますので、早めに積極的な検査、治療を相談されたほうがいいでしょう。
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
他に聞きたいことはありますか?

犬 についての関連する質問