JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

15歳8カ月のパピヨンです。現在、慢性腎不全で闘病中です。治療を始めて約8カ月です。補液(毎日1回50cc)、ネフガ

解決済みの質問:

15歳8カ月のパピヨンで す。現在、慢性腎不全で闘病中です。治療を始めて約8カ月です。補液(毎日1回50cc)、ネフガード投薬の他に腎性貧血の治療もしています。その子がここ最近、右側鼻から薄い黄色の鼻水を出すようになりました。一時期頬の腫れも見られたので、歯周病からくるものとの診断を受け抗生物質の注射(コンベニア注)を打って頂きました。一時期、若干改善され透明な鼻水になりましたが、薬が切れたらしく、最近、また薄い黄色の鼻水が出てきました。腎不全で食欲が落ちていましたが、BUNが60台までようやく下がり(CREは常に3辺りをウロウロ)食欲が出てきたところで、鼻炎が辛いのかまた少し元気食欲が落ちています。一番良い選択肢は抜歯して抜いた箇所の穴をふさぐことかと思いますが、高齢な上腎不全だと例え高度医療であってもリスクが高すぎますでしょうか?ちなみに幸い、心臓の方は問題ないようです。リスク覚悟の上の質問なのですが、できればせめて鼻炎の辛さだけでも取り除いてあげたいと思っています。どうぞ宜しくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

確かに腎不全の子の麻酔に関してはリスクが高くなります。
麻酔でなくなってしまうというよりは麻酔によって腎不全が進んでしまうという可能性が高いのではないかと思います。
どれだけ腎臓に負担のかかりにくい麻酔を使って、点滴によって循環を確保しても、やはり普段に比べて一時的に腎血流量が低下して、麻酔後に腎臓の数値が上がってしまう可能性はあります。

僕であれば、やはり麻酔をできるだけかけなくて済むように、お薬でどうにか抑える方法を考えます。
抗生剤に関しては他の種類もありますので、腎臓に負担のかかりにくいお薬(ペニシリン系やニューキノロン系など)で何とか抑えるのをまずは試すと思います。


麻酔にリスクが高い子の場合に、麻酔をかけるかどうかというのは、そのリスクと得られるメリット(あるいは麻酔をかけないことのデメリット)を総合的に判断してどうするか決めることが多いです。
今回の場合は、お薬でなんとか元気食欲を維持できるのであれば麻酔というリスクを冒さない方がいいかと思いますが、それらが維持できない場合は、ある程度のリスクを冒しても麻酔をかけないと、本人もつらいでしょうし、結果的には長生きできないという可能性が高くなるかと思います。
ですので、そのあたりを総合的に判断して行いますが、まずは麻酔をかけなくて済む方法を探した方がいいのではないかとは思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.

はじめまして。

この度は、ご丁寧な回答をどうもありがとうございます。

やはり麻酔を掛けると腎臓に負担が掛ってしまうのですねCry

実は私の住んでいるところは獣医系の大学病院に近く、もし口腔外科(実際にはそのような科はありませんが・・・)に明るい先生がいらっしゃるようなら掛り付けの先生を通して鼻の治療ができないか考えています。

例えば鼻腔内の洗浄など、現実的に可能でしょうか?

それともそこまでしなくても他のお薬を用いることで改善できる症状でしょうか?

コンベニア注では劇的な改善は見られませんでしたし、あまり長期にわたり抗生物質を使い続けたくないと思っています。(善玉菌まで殺してしまうので)

質問には書きませんでしたが、今、抗生物質の注射の他に人から進められて『天然の抗生物質』と言われているクマ笹エキスを一日数回スポイドで服用させたり、寝る前に指に垂らして歯茎をマッサージしてみたりしています。

まだ行ってから4~5日なので劇的な効果は見られませんが、やらないよりはマシかと考えています。

どうぞ宜しくお願い致します。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
そうですね。
麻酔の種類を選ぶことである程度腎臓の負担を軽くすることはできますが、全身麻酔をかける以上、腎臓の負担が全くないということは不可能です。
少なから ず腎臓への血流が落ちて腎臓への負担はあります。

お薬に関しては、使うことで落ち着いてくれることが多いですが、お薬で抑える場合は再発が多いのは実際のところです。
確かに抗生物質の長期投与は避けれたら避けたい部分もありますが、実際のところはやっているケースも多く、それほど害はみられないので、必要があればやるべきだと思います。

ただし、一度大学病院に相談されるのはいいと思います。
鼻腔内の洗浄というものは正直なところ治療としてはあまり意味がないかと思います。
歯からきているものであれば歯の奥が膿んで鼻水が出てきていると思うので、洗浄してもまた出てきてしまうでしょうし、しっかりやろうと思えばやはり麻酔が必要になります。
が、お薬の使い方などはやはり違うものが置いてあったり、抗炎症剤をうまく使うことで鼻の詰まりが取れたりすることもあるので、紹介してもらえるのであれば紹介してもらい、治療法を考えてもらうのはいいと思います。

クマ笹エキスは実際には使用したことはないですが、やってみるのはいいかと思います。
確かに抗菌作用はあるようですし、害はないと思われますので。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問