JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

10歳になる、ラブラドール雄。鼻からのダラダラとした出血が続いてます。細胞検査をしましたが、腫瘍および炎症は見られな

解決済みの質問:

10歳になる、ラブラドール雄。鼻からのダラダラとした出血が続いてます。細胞検査をしましたが、腫瘍および炎症は見られない。扁平上皮に異形成は見られない.白血球は血液由来と考えられる。という診断でした。とりあえず抗生剤と炎症を抑える薬を服用してます。食欲は変わらずですが、動く度にタラっと出る鼻血に、不安でしょうがないです。動物病院の先生もほかの検査を考えてくれていますが…。よろしくおねがいします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

その年齢のラブラドールちゃんでは確かに十分腫瘍も炎症も考えられます。
鼻血の検査にはそのような原因の細胞が出てこないことも多く、もちろん出てきていればそれで診断ができるのですが、そういったケースは多くはありません。

抗生剤や抗炎症薬で治まってくれるのであればいいですが、治まらない場合はCTを撮り鼻の奥の方がどうなっているのかを検査する必要があります。
何が起きているかわからない状態では飼い主さんも不安ばかり募ると思うので、早めにCTで検査をして原因を検査して行かれたほうがいいでしょう。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問