JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

後足を上げて歩きます。レントゲン異常なしですが、右に比べて筋肉が落ちて軟らかく、弾力が無いです。 食欲はあり、便も

質問者の質問

後足を上げて歩きます。レントゲン異常なしですが、右に比べて筋肉が落ちて軟らかく、弾力が無いです。
食欲はあり、便も普通です。診てもらったドクターは老化現象?かもということで、痛み止めをもらっています。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

もう少し情報よろしいですか?
犬種と年齢を教えてください。
いつ頃からその症状は出てきましたか?突然ですか、それとも徐々に出うか?
また足を上げて歩くというのはどれくらいですか?全くつけないとか、つけるけどたまにびっこを引くなどもう少し具体的に教えてください。

よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 5 年 前.

犬種 雑種 9歳

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
犬種と年齢以外の情報もお願いします。
今の情報だけでは的確なアドバイスは難しいです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

友人の飼い犬のため、情報を十分お伝えできません。

友人の了解をもらってからアクセスし直します。申し訳ありません

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
わかりました。
文面からのみの推測です。
あまりに一般的な症状では、かなり一般的は話しか書けず、あまり意味のない解答になってしまいます。
詳しい症状を聞いておいてください。

24時間オンラインになっているわけではないので、すぐに解答できないかもしれませんが、かならず2,3時間後には回答させていただきます。
返答より返信しておいてください。
質問者: 返答済み 5 年 前.

現在の情報です。脚を上げだして一月位、触るとキャンと鳴くときも、今は痛みは薬で抑えられています。他の犬と遊ぶ時は走って後脚を上げています。散歩はあまり好まないようです

以上で、不十分でしょうがなにかアドバイス有りましたらお願いします。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
ありがとうございます。
どのような上げ方をしているとか、どのような時にあげるのかというのは診てみないとわからない部分はありますが、文面から分かることを書かせていただきます。

9歳ということですので、加齢性の慢性関節炎が出てくるお歳ではあります。
ある程度進行するとレントゲンでもはっきり分かるようになってきますが、初期の段階では慢性関節炎がレントゲンではっきりわからないこともあります。
症状とし て多いのは、100%ではないですが、起き上がりにびっこがひどくだんだんましになるとか足の動きがぎこちなく、時にロボットのような歩き方になる等ということです。
通常痛みはそれほど強くないことが多く、触って痛がるようなところがあった場合は他の病気の可能性も十分考えておいた方がいいかと思います。
慢性関節炎であれば治療は痛み止めとサプリメントがメインになりますが、それ以外には注射で関節軟骨のダメージを改善するものもあります。

それ以外に、もし太っている子の場合には膝の前十字靱帯の損傷というものも多いです。
断裂してしまうと全く足をつけませんが、部分断裂であるとある程度つくことができるということが多いです。
治療は薬あるいは手術になります。
また、副腎皮質機能亢進症や甲状腺機能低下症が原因で靱帯が弱くなっていることもあるので、これらの病気の検査も必要になるかもしれません。


それ以外にも足の指先の骨折や脱臼、股関節形成不全にともなう関節炎などもあります。
ワンちゃんは自覚症状が分からない分、痛みがある場合の病気の診断が困難になる場合が多いです。
足の筋肉が落ち始めているのは危険信号だと思います。
関節が悪くても筋肉である程度カバーはできますが、痛みなどが強く、足を使わなくなるとどんどん筋肉が落ちて、足をつけなくなってきます。
もし今のお薬で改善して言っているのであればいいですが、痛みは治まっていてもびっこが変わらないのであれば、できれば整形外科の専門のある病院で診てもらうことをお勧めします。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問