JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5404
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

お願い致します。13才の犬が突然後足二本が立たなくなり、診断で血栓ができている為、両足が冷たく内股の血流の脈がなく呼

解決済みの質問:

お願い致します。13才の犬が突然後足二本が立たなく なり、診断で血栓ができている為、両足が冷たく内股の血流の脈がなく呼吸が荒い症状ができているとのことで、午前中のうちに溶解剤治療をしました。レントゲン、エコ─をしましたが、造影剤を入れて詰まっている血管を調べることはしていません。症状で判断されました。溶解剤の効果があるかどうかは3日後ぐらいになるので家で様子を見て、足のマッサージをしながら体温が戻ってきたり足が少し動きだしたりするか見て下さい。とのことで連れて帰りました、夕方になり真っ黒な血尿がでて、苦しく声を出し痛がり、これは家では無理と思い入院させる為、また病院に行きました。先生は腎臓にも血栓があるから処置の使用が無く、1~2日ぐらいしかもたないでしょう、と言われました。全体的な今の犬の症状から判断し血尿が出ているから血尿という判断は正しいのでしょうか?たまたま膀胱炎だったりといことはないのでしようか?そして先生の言われるとおり腎臓もそうなったら助からないのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
はじめまして、質問ありがとうございます。

診察をしていませんし文章からだけの推測です。
適切なアドバイスが出来ない事があるかもしれないことをご了承ください。
もっとアドバイスが欲しい場合や質問があれば書き込みしてください。

沢山の血栓症をイヌでも診てきましがかなり予後が悪いことが多いのは事実です。

突然に両側後ろ足の脈が無く、後ろ足が冷たいのはほぼ間違いなく血栓症です。
担当の先生がおっしゃるように腎臓にも血栓ができている可能性は高いです。
イヌでは稀なので診断できる先生は以外と少ないので
的確な処置がされているようですからその点については幸運でしたね。

通常は膀胱炎だと赤い尿が出ますが、真っ黒な血尿はおそらく血栓が出来た腎臓
などから来るものです。それを考えても膀胱炎とは考えにくいでしょう、

あとは痛み止めや抗生剤、ガスターなどの胃酸を抑える薬、点滴などの対症療法
になります。

血栓を除去する手術をする場合もありますが、今回のように高齢で
腎臓にも血栓が飛んでいる可能性が高いと内科治療で様子をみていくしか
ないと思います。

まだこの分野の治療法については動物ではどの方法が確実とか成績が良いと
いう根拠が高いデーターも無いのでスタンダードの治療方法も
有りません。血栓溶解剤を使用しながら様子をみるしか方法はないでしょう。
後はケアの問題になってくるので本人にとって一番良い方法は
何か担当医と相談して治療をしてください。
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
腎臓血栓という重篤な症状で、これから内科治療で治るのでしょうか?治る可能性があると言うことですでしょうか?
質問者: 返答済み 5 年 前.
腎臓血栓という重篤な症状で、これから内科治療で治るのでしょうか?治る可能性があると言うことですでしょうか?
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
改善することもあります。
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問