JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

17歳の雌の柴犬です。2年前に前庭障害を患い、動きが不自由ですぐに右回りに旋回してしまいます。前庭障害は完治はしてい

解決済みの質問:

17歳の雌の柴犬です。2年前に前庭障害を患い、動きが不自由ですぐに右回りに旋回してしまいます。前庭障害は完治はしていませんが、食欲もあり、小康状態でしたが、ここのところ、鼻の具合が悪いようで、鼻呼吸が出来ずに口で呼吸をするようになりました。それから、激しいくしゃみを度々するようになり、立て続けに4・5回しては、へたり込んでしまいます。苦しそうなので、何とかしてやりたいのですが、よろしくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
おはようございます。

ご質問ありがとうございます。

その症状は前提障害とは関係ないのでまた別のものが出てきているのだと思います。

高齢の子での鼻詰まりや激しいくしゃみなどがでるときは鼻 の奥に腫瘍ができているということも多いです。
それ以外にも強い鼻炎や副鼻腔炎があることもあります。

病気を確定するのであればおそらくCT検査が必要になりますが、年齢的にも全身麻酔のリスクを犯してまでやるメリットがあるかどうかは疑問なところがあります。
一般的な治療をするのであれば抗生剤や抗炎症剤で感染をおさえたり、炎症を抑えることである程度症状を緩和できることが多いです。
鼻詰まりがつよくなると呼吸も苦しくなりますし、食欲も落ちてしまって一気に弱ってしまいますので、早めにできる限りの治療をしてもらった方がいいでしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.
いま、Baytril50mgという薬を毎日1錠投与していますが、顕著な効果は見られないようです。具体的な抗生剤や抗炎症剤の例がありましたら紹介していただきたいのですが、よろしくお願い致します。
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
抗生剤に関しては、バイトリルは効果が高いですが、菌の種類のよってはセファレキシンやオグメンチン、メトロニダゾールなどと言ったものがきくこともおおいです。
どの抗生剤が効くかは使ってみないとわからない部分があります。

抗炎症剤はかなりいろいろありますので状態に合わせて使う必要がありますが、
非ステロイド抗炎症薬や抗ヒスタミン剤、ステロイド剤があります。
ステロイド剤に関しては、効果は高いですが、感染症を悪化させてしまうこともあるので、気をつけて使う必要があります。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問