JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

鼠径ヘルニアの手術を二年ほど前にしましたが、しばらくは自力で排便できたのですが、今は、全く自力排便ができなくなり、摘

解決済みの質問:

鼠径ヘルニアの手術を二年ほど前にしましたが、しばらくは自力で排便できたのですが、今は、全く自力排便ができなくなり、摘便している状態です、再発なのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
おはようございます。

ご質問ありがとうございます。

もう少し情報お願いします。

お尻の横の外陰ヘルニアではなく、内股の鼠径ヘルニアでよろしいですか?
去勢手術はされていますか?何歳の子ですか?
ヘルニアはまた出てきていますか?

的確な回答をするためにもう少し情報をお願いします。
質問者: 返答済み 5 年 前.

お尻の横です。去勢手術済みです。生まれてから7年です。

同じ側でふくれて便がたまります。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
返答ありがとうございます。

お尻の横のヘルニアは外陰( えいん)ヘルニアといわれるものです。
同じ側で膨れてそこで便がたまるのであればほぼ間違いなく再発です。

外陰ヘルニアはお尻の横の部分の筋肉量が減ってしまうことで腸がその部分に移動してしまい起こる病気で、手術をしても再発してしまうことがあります。
特に筋肉量がかなり少ない場合には再発も少なくはありません。

まだ若いので再手術をされることをお勧めします。
ただし、ヘルニアの再手術は一度目の手術より難易度は上がりますし、再再発ということも多いですので、できれば大学病院などの二次病院で手術をしてもらうことをお勧めします。
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
手術をしない場合は、今のように毎回飼い主さんが摘便しなければなりませんが、腸を傷つけて出血したりすることも多いですし、だんだんたまりがひどくなってしまうことも多いので、再手術をお勧めします。
質問者: 返答済み 5 年 前.
前回、手術をしていただいた、獣医師は、再手術は出来ないとの返答です。やはり難しいオペになるからなのですね。大学病院となると、奈良県内には無いと思われますが、教えていただけませんか?
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
そうですね。
外陰ヘルニアの再手術は難易度が高いので、一般開業医ではなく、外科専門の獣医師にお願いした方がいいでしょう。
奈良県内に はやはりないですが、大阪であれば

大阪府立大学獣医臨床センターhttp://www.vet.osakafu-u.ac.jp/hospital/
ネオベッツVRセンターhttp://www.neovets.com/_vrc/index_f.html

には外科の専門があります。
少し遠いと思いますが、再発のリスクを極力減らすためにはこのような専門の病院で手術してもらった方がいいかと思います。
ただし、これらの病院には紹介状が要りますので、今の病院で紹介状を書いてもらう必要があります。

それから奈良には外科専門ではありませんが、
王寺動物病院http://www.oji-ah.com/about
は大きな病院ですし、手術経験も多いと思いますので、まずはそちらで相談されるのもいいかもしれません。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問