JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

1才のトイプードルです。以前より後ろ足がよたよた歩き後ろ足を裏返すに座ったり(人間の正座した時の足のように)していま

解決済みの質問:

1才のトイプードルです。以前より後ろ足がよたよた歩き後ろ足を裏返すに座ったり(人間の正座した時の足のように)しています。よたよた歩くのがくせみたいな感じではあるのですが心配です。
しかし、もう一匹の愛犬と遊ぶときはしっかり走っています。
どうなんですか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。


<後ろ足を裏返すに座ったり(人間の正座した時の足のように)しています。

この症状はナックリングと言う症状です。
後ろ足の神経の異常があるときによく起こります。
腰などの脊髄神経の異常(ヘルニアなど)や小型犬の子では首の骨の異常(環軸亜脱臼などの不安定症など)あるいは水頭症でも起こる可能性のある病気です。

またあまりナックリン グとして表れることは少ないですが、小型犬の子の場合は膝のお皿の異常(膝蓋骨脱臼)があっても後ろ足がよたつく症状は出ます。


病院で診てもらったことはありますか?

文面からそれが異常かどうかの判断はつきかねますが、できる限り整形外科のある病院で診てもらうことをお勧めします。
上にあげた病気などは診断困難になるケースも多いので、できればこれらの病気の経験が多い病院で診てもらうのがいいかと思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

先日近くの獣医に見てもらったのですがあまり心配することはないのではと言われました。

でも、普通に歩くときも足を肉球で地面を捉えてないように見えます。しかし走るときはちゃんと走っています。私としても犬の癖ではないかと思いたいのですが?

もし見てもらうとしたら都内もしくは千葉でいい病院教えてもらえますか・

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
承諾ありがとうございます。

都内で麻布大学や東京大学、日本獣医生命大学のような大学病院であれば確実かと思いますが、かかりつけの病院の紹介が要ります。

紹介が要らないところであれば
東京動物整形外科病院http://www. yamaguchi-pc.com/
東京動物医療センターhttp://www.sah.cc/seikeigeka.html
は整形外科もあり、経験も多いので、何か異常がある場合は見つけてもらえる可能性が高いかと思います。

地面に肉球がついていない=後ろ足の神経の異常あるいは後ろ足に力が入らない、ということが多いのですが、それであれば走るときも同じようになる可能性は高いかと思います。
そうなると確かに飼い主さんの言われる通り、癖のようなものの可能性もあるかと思います。

ただし、その歩き方、座り方自体はやはり何かの病気から来るものの可能性もありますし、成犬で1.3kgというのはトイプードルちゃんにしてもかなり小さい方ですので、骨などの異常があってもおかしくはないと思います。

急ぎではないですが、念のため、専門の病院で一度見ておいて貰った方がいいかと思います。

犬 についての関連する質問