JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

こんばんは。15歳5ヶ月のミックス犬(シーズー、プードル、マルチーズ)です。前から兆候はあったのですが、今日突然に後

解決済みの質問:

こんばんは。15歳5ヶ月のミックス犬(シーズー、プードル、マルチーズ)です。前から兆候はあったのですが、今日突 然に後ろ足の力がなくなり歩けなくなってしまったのでお医者さんにかかりました。血液検査とレントゲンを撮り、検査の値から クッシング症候群である可能性が大きいとのお話でした。来週詳しい検査に行くのですが、15歳も生き、老衰かと思っていたので病気のことを聞き、なんで気がついてやれなかったのか落ち込んでいます。でもそれより、歩けないので、毎日の生活をどのようにしてあげると、少しでも快適なのか、動揺していたのか聞いてくるのを忘れてしまいました。食事面は伺ったのですが、排尿の工夫や昼間人がいないときの排便・排尿・水分補給などこれから暑くなってくるので心配です。どうしたらよいでしょうか。教えていただけるとありがたいです。また、腎臓の機能が70%程度失われているということで、できたら毎日点滴をと言われました。今後どういう症状が出てくるのか、どのくらい生きられるのかなど、不安がいっぱいです。よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

確かに血液検査の数値はクッシング症候群と肝酵素の増加(肝障害)、それから腎不全があるかと思います。
Glu-8.6というのはタイプミスだと思うのですが、いくつの間違いでしょうか?

よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 5 年 前.

すみません。書き間違えました。GLUーは150、8.6は血液総蛋白でした。

 

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
返信ありがとうございます。

血糖値も高めとなると確かにクッシング症候群の可能性は高くなると思います。
ただし、今の状態はあまりいい状態ではないので、クッシング症候群だとしてもその治療をするかどうかは難しい判断になると思います。

というのはクッシング症候群は肝臓に負担をかけて肝臓の数値を上げたり、肝臓の腫大を起こしてお腹がパンパンになったり、足の筋肉が落ちてしまい、歩けなくなってしまうという症状を起こしますが、クッシング症候群をもし治療する場合、少し血圧が落ちることがあるので、その場合、腎臓の数値がさらに上がってしまう可能性があります。

今の腎臓の数値はBUNはクッシング症候群の影響で少し高めに出ているとは思いますが、Creも高いので、これは腎臓自体の機能の低下が中等度にあることを表しています。
担当の先生がおっしゃる通り、75%以上の機能が喪失している状態ではあります。
その状態の腎臓はなんとかやりくりしている状態ですので、血圧が下がるとさらに腎臓の働きが落ちて腎臓の数値が一気に上がりかなり調子を崩す(場合によっては命の危険がある)可能性が あると思います。


食欲があれば僕は腎臓の数値を下げるために点滴をするというのは必要ないかと思いますが、肝臓の数値も高い(おそらくクッシング症候群の影響だとは思いますが)ので、それが下がるかどうか点滴をするのは悪くないと思います。

正直なところ現時点で命にかかわりそうな数値は腎臓の数値です(今すぐではないですが、これがもう少し上がると食欲が落ちたり、嘔吐が出てきたりして一気に弱る可能性があります。)
それから後ろ足が立たなくなったことでの生活の質の低下に伴う問題(排せつや運動など)もあります。
腎不全の進み方はかなりまちまちですので、長ければまだ数年生きる子もいますし、2,3ヶ月で一気に弱ってしまう子もいます。

少し複雑な病態(悪い個所が数か所あり、どの治療を優先するかを悩む状態)ですので、どこの病気の治療をするのか、それぞれのメリット、デメリットそれから治療しないでおいておくメリットとデメリットをしっかり聞いて治療方針を相談されることをお勧めします。


実際に見ているわけではないので、これということは言えないですが、腎臓を優先しながら可能な限り肝臓やクッシング(もしあれば)を治療していくのが一番いいのではないかと思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございました。治療方針について理解できました。

 

生活の質に伴う問題が、今最大の問題で、排尿をしようとするのですが腰砕けの状態で這って回ってできないので、補助具を使ったほうが良いのかなど、どうフォローをしてやったら良いのか等具体的な生活に関する補助についても教えていただけないですか。食事と水については口まで持って行ってやればよいのかなと思っていますが、排泄について初めてのことなので困っています。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
立てないと力が入らないのでおしっこをしない子がいます。
そういう子の場合は起立補助用のグッズで引っ張って立たせてあげてそれで、定期的に運動とおしっこをさせてあげます。
たとえばこのようなものですhttp://www.petoga.jp/products/detail.php?product_id=1258&PHPSESSID=d2232000d3bb842aaa473c83b9d402a9
他にも色々なメーカーさんから出てますので、病院やショップで相談されてもいいと思います。
通販でも色々買えますができれば実際にサイズや使い勝手が見れるといいかと思います。

それからなかなかそういった時間が取れない場合は、ペット用のおむつあるいはペットシーツで作ったおむつをはかせて昼の間は過ごしてもらい、もし自分でしない子は一日2,3回膀胱圧迫によって排尿させていられる方もいます。
やり方は文面では教えられない(間違ったやり方をすると少し危険なこともあります)ので病院で聞かれたほうがいいでしょう。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問