JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

ボクサー、5歳 瞼のすぐ下に(いぼ)状の突起物が出て、大きくなてきたと思ったら、今朝耳の縁や中にも何個か発生している

解決済みの質問:

ボクサー、5歳 瞼のすぐ下に(いぼ)状の突起物が出て、大きくなてきたと思ったら、今朝耳の縁や中にも何個か発生しているのを発見しました。何の病気の兆候でしようか。お知らせください
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
おはようございます。

ご質問ありがとうございます。

もし写真など送っていただけることができれば、アドバイスの助けになりますが、可能でしょうか?
もし無理ならその旨を返信してください。

また一つ質問ですが、耳を痒がることはないですか?

よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 5 年 前.
写真の添付方法がわかりませんので言葉で失礼します。人間にできる(いぼ)にそっくりで、ぶよぶよしてはいません。今見たら瞼にできたものが更に大きくなっています。痒がってはいないようです。食欲は旺盛です。散歩中は最近活発さに欠けるようですぐ走るのを止めてしまいます。また、尿が出難い日が1-2日続きその後回復するような状態がここ何カ月か続いています。
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
かしこまりました。

実際に見ないとわからない部分はありますが、目のいぼとそれ以外の症状は別物かと思います。
瞼のいぼは悪性のものはほとんどありませんが、良性の腫瘍は多いです。
それ以外に瞼の分泌腺の感染や炎症でぷくっと腫れてくることもあります。
炎症であれば眼軟こうやお薬で小さくなることも多いです が、腫瘍の場合は、あまりに大きくなったり、内側に入って眼球表面に当たる場合は、手術で摘出が必要になります。

耳のいぼと目のいぼは別物かと思います。
これも実際に調べてみないとわかりませんが、アレルギーや外耳炎などがあると耳の皮膚がぼこぼこになってくることがあります。
下に書く甲状腺機能低下症でも同じことが起こることがあります。

活発さに欠ける物に関してはよくある病気としては心臓疾患や甲状腺機能低下症ですが、その症状はかなり非特異的ですのでかなり色々な病気が考えられます。
尿に関しては膀胱炎や尿結石があることが多いですが、他の症状と関連する可能性は低いでしょう。

やはり気になる症状があるのであればホルモンを含めた血液検査、尿検査、膀胱のエコー、聴診などの身体検査も一緒にしてもらうのがいいでしょう。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問