JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

六歳の4キロのミニチュアダックスです。2~3日前から抱くと体が若干熱く感じられ、完食はするもののご飯の食いつきも悪か

解決済みの質問:

六歳の4キ ロのミニチュアダックスです。2~3日前から抱くと体が若干熱く感じられ、完食はするもののご飯の食いつきも悪かった→いつもは我先に完食します→昨晩あたりから食欲は戻った感じはしますが・・昨日から家族の誰が見ても右目の淵が赤く、下瞼に水泡があります。先ほど獣医に行った処、体温40°で抗生剤入りの眼軟膏と錠剤の抗生剤を処方され、経過観察・・・とのことでした。
この場合、どんな病名が考えられ、治療法はどんなものがあるでしょうか・・・またもう一頭にもうつったりするのでしょうか・・・
宜しくお願い致します!!!
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

もう少し情報よろしいでしょうか?

下瞼の水泡というのは瞼の外側ですか?それとも内側(結膜)ですか?もし可能であれば写真を添付してもらえるとありがたいです。
また何か検査はされていますか?していれば検査結果を教えてください。
それから発熱と眼以外に何かいつもと変わったことはありませんか?

文面からのアドバイスになりますので、追加の情報がもらえるとより的確にお応えできます。
よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 5 年 前.

外側です。目の淵一周赤く、先生が眼を閉じさせる様な事をした際、眼球下部も赤く、瞬幕の様な物も見えました。走ったり等しますが、いつもより少し元気が無い様にも見受けられます。

具体的な検査はしていません。  鼻の周りにも水泡が有るとの所見でしたが・・・鼻の方はその様な小さなプツプツはわりとよくできます。  前足のパットは頻繁に舐めています。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
返信ありがとうございます。

可能性としては感染性のものと、アレルギー性のもの、免疫介在性のものの二通りが考えられます。

まず感染性のものとしては眼のヘルペスでは濾胞性結膜炎といわれる眼の感染症を起こすことがあります。
これが起こると結膜がかなり腫れ、眼に小さいぷつぷつが何個もできることがありますが、一般的には結膜(瞼の内側)にできます。
免疫不全などでない限りは眼だけの症状になりますので、発熱することはほとんどありません。
これであれば感染する可能性はあります。

アレルギー性のものでも同じような症状が起きますが、通常は両目に出ますので、もし片目 のみでしたら症状は完全には一致しません。

最後に免疫介在性疾患ですが、これが一番怪しいのではないかと思います。
これは自分の皮膚に自分の免疫が攻撃してしまう病気で、特に粘膜や粘膜皮膚移行部といわれる部位に病変が出ることが多いです。
ですので、眼、鼻、口、肉球、生殖器、肛門周囲などが病変であるときはこの病気を疑います。
発熱も一つの症状になります。
なかでも水泡性天疱瘡といわれる天疱瘡の一種は皮膚や粘膜に水泡を形成するのが特徴になります。

まずは全身の血液検査とCRPという炎症の数値を測ってもらい、そのCRPがかなり高い場合は自己免疫疾患を強く疑うことになります。
確定診断は多くの場合がその水泡ができている部分の皮膚の一部を検査センターに送って診断することになります。

明日になって調子が上がってきたのであれば、感染症によるものだったのだと思うので、それほど心配いりませんが、調子が上がってきても微熱が続く場合や水泡などの皮膚病変が続く場合はしっかり検査をしておいた方がいいでしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.

今晩と明朝抗生剤を服用し、改善しなければ「ステロイド治療」をする様なことをおっしゃっていたのですが、それはどの様な理由が考えられますか・・

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
ステロイドは免疫抑制剤になりますので、アレルギー疾患、自己免疫疾患の治療に使うものと思われます。
おそらく担当の先生も病変の出方から自己免疫疾患を疑っているのではないかと推測します。
自己免疫疾患は皮膚以外にも内臓(特に腎 臓など)にも影響を与えることがあるので、血液検査はしておいて貰った方がいいと思います。
それから診断をしっかりつけるのであれば先ほど書いた皮膚の検査が必要になりますが、全身麻酔をかけて皮膚の一部を切除する必要があるので、自己免疫疾患を疑う場合は、臨床診断(確定診断ではないが症状をもとにした診断)をもとにステロイドなどの免疫抑制剤を使うこともあります。
何を疑ってどのような治療計画があるのかはしっかり聞いておいた方がいいかと思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問