JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

無理な歯石取の後に ひどい歯肉炎になり13日まえにコンべニアの注射を受け その日から 食べない 飲まないで 眠り続

解決済みの質問:

無理な歯石取の後に ひどい歯肉炎になり13日まえにコンべニアの注射を受け
その日から 食べない 飲まないで 眠り続けています。排尿は3日に1回ありました。
自分でしにいきます。水は、注射器で口に 入れると 飲みます。
食べ物には 興味を 示しません。もともとは 良く食べるいぬです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

もう少し情報をよろしくお願いします。

1.歯石取りはいつされましたか?
その時抜歯はされましたか?
2.またコンベニアを打ってからすでに13日経過しているということですが、まっ たく食べない状態が続いていますか?少しでも良くなってくれる気配はないですか?
3.また、口の痛みの症状(よだれや口をよく掻いたり気にしたりしている、また口に何か入れると痛がるなど)はありませんか?
4.下痢や嘔吐など他に気になる症状はありませんか?

よろしくお願いします。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございます。おかげさまで、歯肉炎は 良くなっていると思います

においも、唾液もおちついています。歯は 今日見ましたら、ぐらぐらしているのが1本ありました。下痢していましたが、食べていないので 幸い3日前に軟便が出ました。嘔吐は 初めからありませんでした。口の中が 痛そうには していません。今は よだれもでていません。

今週に入ってからは 全く食べません。お水だけは、口に入れると飲みます。

ぐっすりねむりつづけています。体を拭いたら 気持ちよさそうに、伸ばします。

が またすぐ深く眠ります。どうぞよろしく おねがいいたします。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございます。おかげさまで、歯肉炎は 良くなっていると思います

においも、唾液もおちついています。歯は 今日見ましたら、ぐらぐらしているのが1本ありました。下痢していましたが、食べていないので 幸い3日前に軟便が出ました。嘔吐は 初めからありませんでした。口の中が 痛そうには していません。今は よだれもでていません。

今週に入ってからは 全く食べません。お水だけは、口に入れると飲みます。

ぐっすりねむりつづけています。体を拭いたら 気持ちよさそうに、伸ばします。

が またすぐ深く眠ります。どうぞよろしく おねがいいたします。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
返信ありがとうございます。

それではその症状は口内炎の痛みから来るものではないようですね。

可能性としてはコンベニアによるアレルギー反応などの有害反応の可能性もありますが、たまたま時期がかさなっただけで他の病気が隠れている可能性が高いのではないかと思います。
あまり強い消化器症状を出さずに元気、食欲低下が起こる原因で、高齢のバセットち ゃんで多いのは

1.変形性脊椎症やヘルニアによる腰や背中の痛み、あるいは慢性関節炎による関節の痛み
 痛みの症状を出さなくても痛みがありそれが原因で元気食欲を落とすことはよくあります。
 高齢のバセットちゃんではこれらの病気は一般的です。

2.体のどこか(特に腹腔内)に腫瘍がある
 高齢のワンちゃんで悪性腫瘍が出てくることは多いです、
 特に肝臓や腎臓、避妊していない子であれば卵巣の腫瘍等は特異的な症状を出さずになんとなく元気がない、食欲がないという症状でエコーなどの検査でこれらが見つかることがあります。

3.肝不全、腎不全などがある
 これらの病気では嘔吐が出てくることが多いですが、それほど値が高くない場合はなんとなく元気食欲がないという症状で出てくることもあります。

4.子宮蓄膿症がある
 これは避妊していない雌の子であれば可能性としてはあります。
 閉鎖性と呼ばれるものではおりものは出てきません。

5.甲状腺機能低下症がある
 これもかなり高齢の子に一般的な病気で、甲状腺から出るホルモンが少ないため活動性が低下するものです。
 症状はかなり一致していますし、かるい甲状腺機能低下があった場合は普段は何ともなかったものが麻酔などの負担がかかった後に顕著に症状が出てくることがあります。

6.心不全がある
 これも高齢のワンちゃんにはかなり一般的です。
 心不全の症状の多くが運動不耐性といって、運動したらすぐに疲れてしまう、息が上がってしまうということがありますので、これらの症状がある時には心臓の病気の疑いが強くなります。


可能性が比較的高いと考えられるのは以上のことになります。
特に5の甲状腺機能低下症は年齢、犬種、経過、症状のすべてが典型的ですので、可能性としては高いのではないかと思います。
それ以外の物も一般的にかなり良くある病気です。

1週間というのはかなり長いので早めに検査を受けられることをお勧めします。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございました。自分で本で調べたことと 変わらなかったものですから・・

申し訳ありません。ありがとうございました。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
そうですか。
可能性はあげることはできますが、検査してみないとわかりません。
お大事にしてください。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問