JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

9ヶ月のヨークシャテリアですが、今朝何時もの様に散歩から帰宅。それまでは元気で何時もと変わらなかったのですが、他の犬

解決済みの質問:

9ヶ月のヨークシャテリアですが、今朝何時もの様に散歩から帰宅。それまでは元気で何時もと変わらなかったのですが、他の犬を医者に連れて行き、帰宅。何時ものようにサークルから出そうとしたのですが元気がなく、目もうつろでショボショボとしていたので直ぐに獣医に連れて行ったところ、頭蓋骨が未完全で俗に言う「ペコ」がある為に出た症状ではないか?との事。詳細は検査しなければ分からないと言われ、週末に検査をする予定になっております。
他の犬を医者に連れていく前までは何時も通りとても元気で、1時間くらいで帰宅した時にはまるで別の犬の様に元気が無くなって少し震えもあったように思います。
医者では、診察台 の上に乗せて看護師の方の腕に寄りかかり震えも出て、目もショボショボし今にも倒れそうな感じでした。(眠りそう?)
利尿剤の注射を含み、3本の注射をして頂きました。
熱は病院で計った時には38度でした。
注射を打った後、獣医が心音を聞いていましたが「早くならない」と言っていました。
心音が早くならないという意味の様です。

帰宅後もおとなしくサークル内のベッドに入りっぱなしです。
普段はサークルのドアを開けて、「come」
犬用のミルクを少しと小指の頭ほどのササミは食べました。
18時50分頃何時ものドックフードを完食しました。
現在もベッドに入ったまま、元気なくおとなしくしています。
震えは止まりました。
症状は以上の通りですが、病名、今後の対応等教えていただければ幸いです。
宜しくお願い致します。
東京都 門倉
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

症状と頭蓋骨のボコ(泉門が閉じていない部分)があるというこ とから、一番疑いがあるのは水頭症です。
水頭症とは、脳内の脳圧があがりすぎてしまうために、脳が圧迫され様々な症状が出てくる病気です。
症状として軽いものであれば、元気消沈、食欲不信、嗜眠、ふらつき、ふるえなどで脳圧がかなり上がってしまうと、旋回運動や痙攣などの強い症状が出てくることがあります。

治療に関しては脳圧を下げる飲み薬がメインになってきますが、症状が強い場合は入院して点滴のお薬が必要になります。
また、大学病院などの二時病院では手術をやっているところもあります。

水頭症の場合は軽いものであればお薬でふつうどおりに生活できる子もいれば徐々に症状が悪化してしまう子もいます。
ヨーキーちゃんには脳炎も多いので、まずは検査をして、水頭症があるのであれば、症状を、見ながら薬を使うことになると思います。
お家では、しっかり様子を見てもらい、頭のボコの部分に強い力が加わらないようにしてください。
上に書いたような症状が悪化する場合は早めに病院で、いてもらう必要があります。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
失礼いたしました。
最後の文は見てもらう必要がありますです。

犬 についての関連する質問