JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5280
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

先日犬(Mダックス・9歳)の様子がおかしいと思い、病院へ連れて行くと、ヘルニア(頸椎とやや腰のあたりに見られるとのこ

解決済みの質問:

先日犬(Mダックス・9歳)の様子がおかしいと思い、病院へ連れて行くと、ヘルニア(頸椎とやや腰のあたりに 見られるとのこと)と診断されました。犬は自力で歩け、排泄も手を借りずに出来る状態ですが、今迄は何ともなかった段差を嫌がり、歩行時も以前と比べ、ややふらついているような状態です。医師によると、ヘルニアの5段階中3段階辺りとのことで、まだ手術をするような段階ではないとの事でした。医師からは絶対安静の状態を保ちつつ、当面(2,3週間)は毎日注射とレーザー治療に来て欲しいとの事でした。しかし一回あたりの費用がかなり高額(8千円程度)かかることもあり、同様のケースで通院の経験がある犬の飼い主数名に話を聞いてみると、いずれもそんなに何日も通わずに治ったとのことで、費用も少し高すぎるのでは、とのことでした。まだ数日通院しただけですが、本当に完治するのか、また、本当に何週間も続けて毎日通院しなければならないものなのか、少し不安になりました。個々のケースや病院によっても対応は様々だとは思いますが、専門の方のお話(具体的に、この段階の措置として正しいのかどうか)をお聞かせいただけますと幸いです。
宜しくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
はじめまして 質問ありがとうございます。
診察はしていませんので文章のみからの推測にしかすぎません。
的確なアドバイスが出来ない場合もありますのでご容赦ください。
質問やさらにお聞きになりたいことがあれば情報や要望を入力をお願いします。

重傷ではなく手術が必要としない椎間板ヘルニアは安静にして一週間もすると改善します。

改善しないのは手術が必要であると判断することが多いですね。
原因としては椎間板ヘルニアもありますがそれ以外に脊髄梗塞や脊髄腫瘍、脊髄に炎症性肉芽腫といって原因不明ですが炎症で組織が盛り上がって脊髄を圧迫していることがあります。

これらを鑑別していくためには内科治療もよいですがMRI検査が必要です。
大学や2次診療施設を紹介してもらってMRI検査を受け、今後の治療方針を
立てていくのが一番費用面でも安くすみ、本人の後ろ足の能力が回復するかも
わかるでしょう。

治療面での問題点はありませんが、さらなる検査でMRI検査を行った方が良いでしょう。またセカンドオピニオンで椎間板ヘルニアが得意な病院を探すのも手でしょう。

どちらにお住まいですか?

質問者: 返答済み 5 年 前.

wantaro様

 

はじめまして。

早速のご回答をどうも有り難うございます。

 

当方、横浜市在住ですが、最近こちらへ引っ越してきたばかりという事もあり

近所に何軒か動物病院はあるのですが、評判などがよくわからないため、

現在は自宅から近く、24時間体制で救急対応もしている、比較的地域では

大き目の病院へ通っています。

内視鏡も完備し、十数名の獣医師を抱えている病院だからという理由で

そちらへ通院しておりますが、やはり病院の規模とヘルニア治療に特化しているか

どうかは別物でしょうか?

 

MRIが有効とのこと、お教え頂き有難うございます。

費用面で考えると、一週間程度は引き続き様子を見ながら通院し、

その後改善しなければMRIを考えるという方向が一番良いのでしょうか?

 

また、ここ数日熱がなかなか引かない事も気になります。

食欲はあり、排尿の回数・量も普段通りですが、ケージに入れる

ようになって以来、少し排便の回数が少なくなったのが気になります。

 

発熱もヘルニアから来ているものなのでしょうか?

また、発熱時に自宅で気をつけなければいけないことや

ヘルニアに有効な犬用のサプリメントでお勧めのものがありましたら

お教えいただけますと幸いです。

 

宜しくお願い致します。

 

専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
発熱は痛みのせいかもしれませんし、脊髄炎や炎症性肉芽腫などのために来ている可能性も考えられま す。また免疫介在性の関節炎で発熱して立てなくなる、熱が出ることも
あります。椎間板ヘルニアとリュウマチなどの免疫介在性関節炎が併発している
症例もみたことがあります。CRPという炎症マーカーやリュウマチ因子、抗核抗体検査、関節液の穿刺検査が関節炎を診断するのには有効です。

大きな病院でもおそらくMRI検査機械を持っていないのであれば
脊髄疾患の専門病院ではありませんのでこういう症例は滅多に見ることは
ないでしょう。

私はこういう症例を多くみているのでより精査をするために大学や2次診療施設で
精査を受けることをお勧めします。

横浜であれば麻布大学、日本大学、日本動物高度医療センターあたりが
MRI検査や手術を行っています。紹介制なので一度担当医とも相談してみては
いかがでしょう。

残念ながらヘルニアに有効とされる根拠のあるサプリメントはありません。
安静が一番の薬です。
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問