JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

1歳半の、ボーダーコリー雌です。デイスクで5分位、遊んでいると、足元がふらつき、倒れてしまいました。 舌を長く出し

解決済みの質問:

1歳半の、ボーダーコリー雌です。デイスクで5分位、遊んでいると、足元がふらつき、倒れてしまいました。
舌を長く出して、苦しそうにしていました。意識は、はっきりしているようでした。そのまま5分ほど休ませたら、立ち上がりました。何か病気が心配です。それ以外のときは、とても元気で、食欲も、便の状態も、良好とおもわれます。よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
おはようございます。

ご質問ありがとうございます。

それは確かに心配ですね。
急に倒れてしまうときは
1.心臓性
2.呼吸器性
3.脳からのもの
がありますが、経過からは心臓性の方が怪しいのではないかと思います(呼吸器性、脳からのものを否定できるわけではありませんが)
脳の疾患として考えられるのは、水頭症や脳炎などですが、犬種的にはあまりおおく ありませんし、脳から来る典型的な症状とは少し異なります。
呼吸器の異常としては、代表的なものには軟口蓋過長症といって喉の構造が少し弱いせいで呼吸困難を起こすものですが、この病気は短頭腫の子に多く、ボーダーコリーちゃんにはほとんど起こりません。

心臓性のも出あればまだ若いので先天性の心疾患がある可能性があります。
先天性の心疾患とは心臓の一部にいわゆる奇形があり、血流がうまく全身や脳に回らないせいで、低血圧を起こしたり、酸素の必要量が上がったときに脳の酸素不足を起こしていわゆる失神を起こします。
病気によっては手術の適応になる場合もありますし、薬で悪くならないように維持をしていくこともあります。
先天性心疾患の診断は聴診、レントゲン、心エコーを総合的に判断して行います。
最終的な確定診断は大学病院などでないとできないかもしれませんが、ある程度しっかりしたエコーの機械と技術のある病院ではあれば、診断できることが多いです。
徐々に悪化して言ってしまう可能性があるので、少し大きめの病院あるいは循環器の得意な病院で見てもらうことをお勧めします。

japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問