JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5400
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

10歳になるウェルシュコーギー、ペンブロークで体型も大きめで体重は、17.8kgです。アジソン病に糖尿病を併発してい

解決済みの質問:

10歳になるウェルシュコーギー、ペンブロークで体型も大きめで体重は、17.8kgです。アジソン病に糖尿病を併 発していて、インスリンを注射しています。フロリネフを朝夕3.5錠と、今日から食欲減退と、後ろ足がグラグラするためブレトロニゾロンを0.5mgを半錠、膀胱炎にもなっていて、点滴、オーグメンチンを朝夕に半錠、吐き気止めとしてプリンペランと、下痢予防の為ミヤリサンを服用しています。17時頃の夕食前に夕方の薬は服用しました。18時30分頃から、伏せて寝ていても、尿漏れが始まり、それも、結構ビッチョリ床が濡れる程、出ています。一体何が原因なのでしょうか?また、対処法としては、投薬治療が必要でしょうか?今は、以前から用意していた犬用のマナーパットを付けて寝さしています。明日も、点滴に病院に行くのですが、何か先生にリクエスト出来る事はありますか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
はじめまして 質問ありがとうございます。
診察はしていませんので文章のみからの推測にしかすぎません。
的確なアドバイスが出来ない場合もありますのでご容赦ください。
質問やさらにお聞きになりたいことがあれば情報や要望を入力をお願いします。

-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。

背中が痛いとか何処かを痛がっている様子はありますか

質問者: 返答済み 5 年 前.
背中とかは特にこちらから見て何か異常がある様にはおもえませんが、後ろ足がシャンと立てない感じです。かろうじて立たせる事はできますが、すぐに座ります。以前も、たしか、膀胱炎の治療中だったか?その前後だったか、足はしっかりしていたものの、尿漏れが酷い事が3、4日続いた記憶があります。今年のはじめの頃だったような、、、でもその時は足はしっかりしていて、歩行もシッカリできていたのですが、今回は、歩行は何とか出来るものの後ろ足がフラフラしています。病状や、投薬の因果関係はあるのでしょうか?
質問者: 返答済み 5 年 前.
背中とかは特にこちらから見て何か異常がある様にはおもえませんが、後ろ足がシャンと立てない感じです。かろうじて立たせる事はできますが、すぐに座ります。以前も、たしか、膀胱炎の治療中だったか?その前後だったか、足はしっかりしていたものの、尿漏れが酷い事が3、4日続いた記憶がありま す。今年のはじめの頃だったような、、、でもその時は足はしっかりしていて、歩行もシッカリできていたのですが、今回は、歩行は何とか出来るものの後ろ足がフラフラしています。病状や、投薬の因果関係はあるのでしょうか?去年の夏位に左の後ろ足の大腿骨にそってある、細い骨を骨折ししたが、先日レントゲンでみると、曲ってはいるものの、くっついてはいましたが。
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
可能性としては椎間板ヘルニアや脊髄腫瘍などによる脊髄の圧迫があり
それにより後肢がふらつく、尿漏れがすることがあります。
椎間板ヘルニアや 脊髄腫瘍でも痛みを生じないこともあります。
特に後方の腰の骨の中を走っている脊髄を圧迫されると尿漏れの症状を示します。

腫瘍としては髄膜腫やリンパ腫によって生じることが多くあります。
またその他に膀胱炎から細菌が脊髄へ播種して椎間板脊椎炎を起こした、
脊髄梗塞といって脳梗塞と同様な血管の詰まりが腰の脊髄でも生じたなども
考えられます。

その他にも甲状腺機能低下症を生じた、低血糖や低カルシウム血症をおこしている。
腸炎を起こしたのでフロリネフやプレドニゾロンが利きが悪くて
アジソン病が悪化しているなど原因としては多種多様に考えられます。

対処法としては病気が色々とあり難しいので下手に色々と行うよりは
今日対処してもらえそうなら病院に行った方が良いでしょう。

先生へのリクエストとしてはまずは血液検査(炎症マーカーCRP含む)と点滴、ステロイド、抗生剤などの処置、神経学的検査、腹部超音波検査、尿検査、甲状腺ホルモン測定ですね。

それでも原因が不明であれば脊髄疾患の可能性が高いのでMRI検査を行うかどうかです。MRI検査は大学や2次診療施設、関東であれば検査センターが幾つかあるので
それらの検査となるでしょう。
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問