JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

ひき続き宜しくお願いします。今日も朝からほとんど動かず、水を良く飲み、排尿が近いです。ネットで色々調べた

解決済みの質問:

ひき続き宜しくお願いします。 今日も朝からほとんど動かず、水を良く飲み、排尿が近いです。ネットで色々調べたところ、遅延神経障害という言葉に行きあたりました。殺虫剤を口にした場合の障害ですが、症状が数週間後に出る、神経に障害が出る、という記述が当てはまる気がします。先生はどう思われますか?


 


追記


済みません。担当の先生が違う可能性もあるため、前回までの質問の内容を記載しておきます。



13歳の雄のコーギーについて質問させて下さい。
一週間ほど前から急に前左足をひきずるようになり、獣医に見せたところ、痛み止めを頂き様子を見ようという事になりました。
だんだん元気がなくなり、食欲も落ち、ほとんど動かずに寝て過ごしています。
また、ここ最近、やたらと水を飲み、おしっこをそそうするようになりました。
後ろ足もたまに震えています。
本日獣医でレントゲン検査したところ、前足の可動域は広くなっており(左右に開く)神経が切れたか何かではないか、痛みはなさそうなので麻痺しているのでは、と言われました。
神経を修復するお薬を頂いています。
後ろ足は持病のヘルニアのせいでやはり動きが鈍っているのでは、という事です。
ただしどの足も神経の反射は悪くないそうです。(そらせてもすぐに戻ります)
また、ホルモンの検査はしていませんが、腎臓、肝臓の数値は正常でした。

疑問に思う点は
①担当の医師は「老化のせいです。筋肉もかなり落ちているので、ゆっくりでもいいから歩かせて下さい。この年では筋肉は一度落ちるとなかなか元に戻りません。」と言われ、院長先生 には「神経が回復するまで絶対安静!」と言われましたが、どちらが適切な対応なのかという事

②そもそも関節や神経だけの問題なのかという事。老化にしては急激すぎるし、関節や神経の問題にしては、元気がなさすぎる(痛みが無いのであれば食欲は変わらないのでは)ので。。。

③4/22に有機肥料(おもに油粕などだが、リンなども配合されたもの)をかなり食べ、病院にかかりました。当日は元気が無かったものの、肝臓の数値も1週間ほどで大分落ち着き、元気に走る様になった矢先に今回の状態になりました。
肥料の何らかの物質が神経に作用している可能性はないのでしょうか?(かかりつけの病院では否定されていました)

です。
とにかく歳のわりにとても元気な子で、食欲も旺盛、遊びも大好き、13歳と言うと医師もブリーダーさんもびっくりされるぐらい気の若い犬だったのですが、ここ数日の急激な変化がとても心配です。
以前ヘルニアで後ろ足が動かなくなったときは(数日の安静で回復しましたが)安静にさせるのが大変なくらいでしたので、どうしても何かほかの病気が関係している様な気がしてなりません。

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

たしかにそういうものが起こる可能性はあると思います。
薬剤の副作用の一つとして、神経毒性はありますが、一回だけの投与(摂取)であれば急性症状がでずに、遅延性神経障害が出るというのは珍しいかと思います。
急性の神経症状があったかどうかは自覚症状がわからないのでなんともいえませんが。

可能性としてはあると思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.
ちなみに昨日の血液検査では、肝臓や腎臓の数値は正常でした。現在の血液検査に異常がなくても神経症状といえるものでしょうか?
ちなみに、食べた肥料の量は300〜400gありました。。。

またもし神経障害の場合、治療法はないのでしょうか?
命にかかわるものでしょうか?

宜しくお願い致します!
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
神経のダメージでは血液検査では出てこないでしょう。
正直なところ検査方法は自覚症状と神経反射、反応テストになると思いますので、ワンちゃんの場合はかなり困難になると思えます。

ほとんど見ない病気ですので治療法は正直存じ上げておりません。
ただし、神経のダメージはなかなか回復が難しいです。
命にかかわることもあるという文献を読んだことはあります。



japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問