JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

はじめまして。 13歳の雄のコーギーについて質問させて下さい。 一週間ほど前から急に前左足をひきずるようになり、

解決済みの質問:

はじめまして。
13歳の雄のコーギーについて質問させて下さい。
一週間ほど前から急に前左足をひきずるようになり、獣医に見せたところ、痛み止めを頂き様子を見ようという事になりました。
だんだん元気がなくなり、食欲も落ち、ほとんど動かずに寝て過ごしています。
また、ここ最近、やたらと水を飲み、おしっこをそそうするようになりました。
後ろ足もたまに震えています。
本日獣医でレントゲン検査したところ、前足の可動域は広くなっており(左右に開く)神経が切れたか何かではないか、痛みはなさそうなので麻痺しているのでは、と言われました。
神経を修復するお薬を頂いています。
後ろ足は持病のヘルニアのせいでやはり動きが鈍っているのでは、という事です。
ただしどの足も神経の反射は悪くないそうです。(そらせてもすぐに戻ります)
また、ホルモンの検査はしていませんが、腎臓、肝臓の数値は正常でした。

疑問に思う点は
①担当の医師は「老化のせいです。筋肉もかなり落ちているので、ゆっくりでもいいから歩かせて下さい。この年では筋肉は一度落ちるとなかなか元に戻りません。」と言われ、院長先生 には「神経が回復するまで絶対安静!」と言われましたが、どちらが適切な対応なのかという事

②そもそも関節や神経だけの問題なのかという事。老化にしては急激すぎるし、関節や神経の問題にしては、元気がなさすぎる(痛みが無いのであれば食欲は変わらないのでは)ので。。。

③4/22に有機肥料(おもに油粕などだが、リンなども配合されたもの)をかなり食べ、病院にかかりました。当日は元気が無かったものの、肝臓の数値も1週間ほどで大分落ち着き、元気に走る様になった矢先に今回の状態になりました。
肥料の何らかの物質が神経に作用している可能性はないのでしょうか?(かかりつけの病院では否定されていました)

です。
とにかく歳のわりにとても元気な子で、食欲も旺盛、遊びも大好き、13歳と言うと医師もブリーダーさんもびっくりされるぐらい気の若い犬だったのですが、ここ数日の急激な変化がとても心配です。
以前ヘルニアで後ろ足が動かなくなったときは(数日の安静で回復しましたが)安静にさせるのが大変なくらいでしたので、どうしても何かほかの病気が関係している様な気がしてなりません。

宜しくお願い致します!
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。
文章からの推測になりますので、可能性の話しかできないことをご容赦ください。

まず
①に関しては病気によって変わってきますので、どのような病気が原因で今の状態が起きているのかがわからなければ、それに関しては何とも言えません。
たとえば慢性の関節炎や筋肉の虚弱化、あるいは慢性的な神経の異常などであればある程度の運動が必要になります。
逆に現在何らかの炎症が起きている(たとえば急性のヘルニアなど)、腱が切れた、脱臼しているなどの動かすことで炎症を起こしてしまう場合には逆に安静が必要になります。
ですので、診断が確実ではない状態では何とも言えません。
もし、神経が切れたという のであれば、初期は安静ですが、2,3週間したら運動による刺激が必要です。

②に関しては僕もその通りだと思います。
整形外科的な異常を起こすような全身的な病気あるいは、全身状態の悪化から来る美っこの可能性があります。
普通の血液検査で引っかからないものとしては具体的には副腎皮質機能低下症(アジソン病)、多発性関節炎、前肢の腫瘍(骨や関節などの)、心不全や副腎皮質機能亢進症や悪性腫瘍に起因する血栓塞栓症、脳炎や脳腫瘍などが挙げられます。
症状からは典型的な病気というのがないので、レントゲン検査やエコー検査、ホルモン検査、CRPなどの全身的な検査や場合によってはMRIの検査も必要になるかもしれません。
個人的には前肢の異常以外に異常があるのではと思います。

③これに関しては何とも言えません。
直接的な影響はまずないと思いますが、それらの物質によって免疫の病気(多発性関節炎など)が引き起こされた可能性はあるかと思います。

できれば少し大きめの病院へセカンドオピニオンを聞きに行かれたり、あるいは大学病院などの2字病院へ紹介してもらった方がいいでしょう。
少し診断に困る病気の可能性が高いかと思いますが、このまま弱ってしまってからでは治療のしようがなくなってしまうかもしれませんので。
質問者: 返答済み 5 年 前.

早速の返答有難うございます!

とても明確で分かりやすい説明で感謝いたします。

 

ひきつづきお付き合い頂きたいのですが。。

 

私もセカンドオピニオンを聞きに行こうか検討していた所なのですが、各種検査が必要となりますと、大学病院へ行ったほうが良いのでしょうか。

それともまずは大きめの病院を訪ねるべきでしょうか?

 

知っている病院ですと、都内の刈谷動物病院(いくつか分院があります)、埼玉県三郷の戸ヶ崎動物病院(ヘルニア、神経系の病気で有名)くらいしか思いつきません。

 

差支えなければ、評判のいい大学病院、又は大病院を教えて頂けないでしょうか?

都内、千葉、埼玉あたりまでなら通える範囲です。

 

また、大学病院で各種検査となりますと、費用はざっくりどのくらい見ておくべきでしょうか?

 

宜しくお願い致します!

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
返信ありがとうございます。

大学病院の方がいいですが、紹介状が要りますし、診察してもらえるまで時間がかかるかと思います。
一度セカンドオピニオンを聞きに上記の病院へ行かれてみてはいかがでしょう。
どちらも評判はいいです。

それから大学病院であればどこも それほど変わりはないかと思います。
東京近辺には麻布大学、東京農工大学、日本獣医生命大学、東京大学があります。
その他こちらのサイトhttp://www.geocities.jp/referrencejp/meii-2.htmlに乗っている病院はどれも獣医師の中でも有名な病院になりますので、紹介などしてもらうのもいいと思います。

費用は検査内容や病院によっても変わってきますので、何とも言えませんが、しっかりした血液検査をすればけんさこうもくに数万円はかかってくると思います。
MRIは
質問者: 返答済み 5 年 前.

MRIは。。。

の続きが気になります♪

 

度々すみません。宜しくお願いします。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
すいません。
途中で送られてしまったようです。

MRIに関しては取る部位によっても変わってきますが5万円~10万円程度になります。
血液検査は検査項目によりけりですが、おそらく数万円になるかと思います。

基本的には病院へ行って話を聞いて、高額な検査の場合はどの検査が必要でだいたいいくらくらいかかるというのをいってくれますので、もしそうでなければ費用の概算を検査前に聞かれるといいと思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問