JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

ポメラニアン12歳です。1年ほど前から、後ろ脚がふらつき、3月にインスリノーマと診断されました。このひと月で急に食欲

解決済みの質問:

ポメラニアン12歳です。1年ほど前から、後ろ脚がふらつき、3月にインスリノーマと診断されました。このひと月で急に食欲はなくなり、高たんぱく高カロリーの缶詰を注射器で口から与えておりますが、低血糖の症状が日に日に頻度が増すようになりました。好きな物は、少しなら口にします。毎回食べたいものが、変わります。前の日に食べたものでも、次の日はもう食べません。焼芋だったり、卵焼きだったり、ビーフジャーキーだったりです。何かよいサプリメント等はないかと、質問させていただいてます。よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.
頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。動物病院の受診をお勧めします。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものgではないと考えています。
ステロイドやほかのお薬などを検討 されるのがベストだと思われます。有効なサプリメントというのはありませんが、腫瘍全般に対処するかものはありますので、主治医に相談してみましょう。ここで商品名をあげるわけにはいきませんのでご了承下さい。
また、年齢だけで手術の適、不適が決められるわけではありません。できれば大学病院を紹介してもらうと、CT検査などで転位が見つからなければ、手術を受けた方がいいかも知れません。
yasuyukiをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問