JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
loverai0210に今すぐ質問する
loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験:  動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
60637329
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

クッシング症候群と血液検査で判明しましたが、まだ薬は使わず経過観察しましょうと言われましたが時間が経っても大丈夫なの

解決済みの質問:

クッシング症候群と血液検査で判明しましたが、まだ薬は使わず経過観察しましょうと言われましたが時間が経っても大丈夫なのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 5 年 前.
こんにちは。
クッシングのお薬は確かに強く効きすぎたりすると、アジソンといって、副腎皮質機能低下を起こしたりもするので、毛が薄い、水を大量に飲むなど顕著な症状がまだ出てないなら、様子をみてもよいかもしれません。
慎重に使わなければならないお薬なので、症状にあわせて使っていくべきだと思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.
毛は前足の付け根、背中辺りが薄いです。
アンダーコートが無い、と言うような状況です。
進行しないことや命に関わるようなことがあるのか知りたいです。
また治ることはあるのでしょうか?
専門家:  loverai0210 返答済み 5 年 前.
進行していく可能性はあると思いますが、このままでいきなり命に関わるという状態にはならないと思います。
細かくいうと、クッシングの原因にも、下垂体といった脳が原因の場合と副腎そのものが原因の場合があ り、それらは血液検査やエコー検査などで総合的に原因を判断します。
脳や副腎の腫瘍などが原因の場合は、もちろん突然死もありえますが、そうでなければ、徐々に進行していくか、あまり変わらないといった状態だと思います。
様子をみるといっても、症状に変化がないかはちゃんと見ておき、できれば1ヶ月に一回は検査を受けられた方がよいと思います。
loverai0210をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問